FC2ブログ

猛暑日 少しだけ秋の気配

  
 大型台風の影響で強風が吹き荒れ出艇禁止日が続いていましたが、今日はやっと落ち着きました。
 と言ってもコンディションイエローの出艇注意です。
 しかも夏なのに北東風で 6~8m/s、波高 0~0.3m 、秋の風で湿気が少なく気持ちが良い。

19SailingK_2.jpg
黄色標旗
 
 朝から出艇注意の黄色標旗です。稲毛海域での北東風は陸風( オフショア )となり、波が立たないで楽なセーリングが出来ます。

19SailingK_1.jpg
オンボードカメラ
 
 新規にアクションアメラを導入しました。今日は試験運用です。
 この手のビデオカメラとしては Go-Pro カメラが有名ですが、今回は中華製で値段も 1/10 です。4K 撮影にも対応している物だが果たして使い物になるのか?
 ヨットの先端に付いている部品スピンポール中間に、数年前に自作したブラケットを介して取付けます。

19SailingK_6.jpg
アクションカム画像
 
 1080P で撮影した画像の切り落としが上の写真。コントラストや色彩はこれから調整するとして、解像度が今一つピリッとしないなぁ~。

19SailingK_4.jpg
オリンパスデジカメ画像

 普段から使用しているオリンパス防水デジカメで撮った 1080P 動画からの切り落とし写真がこれ。解像度はクッキリ。
 アクションカメラと比較すると2倍以上の大きさがある上に、日本の変な規制のため29分以上の連続撮影が出来ない。しかもリモコンが付いていない・・

 アクションカメラの使い方を研究しましょう。

 午後になると更に吹き上がり、平均 8.0m/s 、ガストで10m/s に。陸風と言うのに波高が 0.5~1.0m 、白波バンバンに。3週連続で楽しめるなぁ~。

 とにかく秋は直ぐそこにまで来ている。猛暑日とはお別れだ・・





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

スポンサーサイト



猛暑日セーリング 第二弾

   
 はるか太平洋上にある大型台風10号の影響で、今週も中強風と適度の波に恵まれた週末になりました。気温は35℃前後あるものの安定した南西の風 6~8m/s、波高 1.0m 程度の絶好コンディションです。  

19SailingJ_5.jpg
ハーバー全景

19SailingJ_2.jpg
 
 スマホのアプリでログを取ったところこの日の最高速度は 20 ノット ( 36km/h ) !
 トーネードでは普通の早さですが、モノハルとしたら結構なスピードでした。

19SailingJ_4.jpg
 
 波とスプレーで翻弄されて体ごと後に持って行かれます。足をふんばってしっかり操船。

19SailingJ_3.jpg
 
 波が高いラフな海面では艇に前後方向の縦揺れが発生します。それを抑える為に重心を集中するようにクルー同士脚を交差させて乗艇し、細かく前後に移動します。
 男同士の脚交差なんて、出来る事なら避けたいものですが・・・

 午後になると風は上がり 8~10m/s、波高は 1.0~1.5m に。 海面は白波だらけ。
 四六時中スプレーを浴びるようになり、船上は我慢大会の様相に。

19SailingJ_7.jpg
コンディション イエロー
 
 へとへとになり帰港すると、ハーバー入口の標旗は黄色に変更。
 強風注意、初心者出艇禁止。

 このところ毎週良い風に恵まれて、楽しいセーリングだ~。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


街で見かけた稀車 その4

  
 カナダの小都市キングストンで遭遇した、スズキ X-90 です。
 現地名 シボレー・トラッカー ( Chevrolet Tracker ZR2 ) 2ドア・ソフトトップです。
 最初いすゞ四駆の現地仕様車かと思っていましたが、エスクードと呼ぶ小型 SUV をベースに作られているスズキ自動車製です。
 1999~2004 年に掛けて製造されていました。

X90_1.jpg
サイドビュー
 
 ほとんど「チョロQ」と言っても良い短い全長です。カナダでは普通に見る大型ピックアップトラックの荷台にも乗りそうな雰囲気です。
 女子高校生風に言うと「可愛ゅい」車ですね。

X90_2.jpg
フロントビュー
 
 すっきりしないフロントマスクです。真ん中に見慣れたシボレー十字が見えます。
 

X90_3.jpg
リアビュー
 
 リアビューはやっぱり日本車です。牽引フックはスズキの特徴である丸棒製です。

X90_4.jpg
 
 ソフトトップは外してあって、運転席まで完全オープンです。後ろ座席は見当たりません。初めから無いのか、それともあったのを外してしまったのか?
 雨が少ないアメリカ西海岸と違って、ここカナダ南部は普通に雨も降るし半年間くらい続く冬は雪も積もるし、どう言う場面で乗るんでしょうね? 
 
 なんと言ってもスズキの四駆ですから、走りには問題ないでしょうね。






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

猛暑日セーリング+連続スプレー

  
 遅い梅雨明けを迎えたら直後から猛暑日の連続で、体が悲鳴を上げています。
 今週末の稲毛は気温35℃の猛暑日。ヤードで艤装をしていても舗装面からの照り返しで暑くてクラクラします。
 ところが、海上はブレの無い南西の風、風速 6~8m/s で息継ぎや突風も無いうえに、波高0.5~1.0m の絶好条件。
 

19SailingH_2.jpg
軽装で乗艇( 右が筆者 )
 
 2mm のショートジョンのみを着てセーリングです。このスタイルでの乗艇は、年間を通して1ト月しかありませんね。もの凄く楽に動けます。
 

19SailingH_12.jpg
高速帆走
 
 中~強風を受けて猛スピードで突っ走ります。この曳き波です。
 

19SailingH_7.jpg
襲い掛かるスプレー

19SailingH_8.jpg  19SailingH_9.jpg
波に突っ込む船首    スプレーが上がる
 
 艇体の細い双胴艇では、「波に乗る」ようなことは無く「波に突っ込む」ようになります。
 その結果バウ( 船首 )から水飛沫( スプレー )を盛大に上げることとなります。
 艇速度が速いためスプレーが落下する前に、乗組員の位置に達してしまうので私達は常時海水の塊に襲われることになります。

19SailingH_11.jpg


 常時スプレーを被ってズブ濡れ状態でいる上に風を受けているので体温が奪われ、体感温度は 25℃ 程度でしょう。猛暑日どころではありません。少し寒いくらいです。2mm ウェットスーツで胴体部分は保温していますから、最適な状態ですね。
 地上に居る人には申し訳ない「猛暑日?どこの話?」な感じです。 

 陸には揚がりたくないですね、暫くこのままでいたい・・
 一年中こんなセーリングだと申し分ないのですが・・





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

第四弾 フラワースタンド手押し車作製

  
 梅雨が明けて本格的猛暑になる前に、雨の合間を縫って溶接作業をします。
 定番の細鋼管を使ったフラワースタンドです。前回は三輪車形を作りましたが、今回は趣向を変えて二輪手押し車形を作ります。
 

FlowerWheel_5.jpg
材料
 
 材料は全て在庫材を使います。少し錆が進んでいるものはサンドペーパーで落とします。


FlowerWheel_4.jpg  FlowerWheel_1.jpg
曲げ加工
 
 いずれも小口径管なのでストレートパイプベンダーを使用します。
 

FlowerWheel_3.jpg
部品溶接作業
 
 薄肉管同士の溶接のため、溶接ワイヤーφ0.8mm、溶接電流 70A で溶接。
 スパッタもあまり飛びません。
 
FlowerWheel_6.jpg
部品作製 
 
FlowerWheel_7.jpg
組立て溶接作業
 
 更に部品同士を組み合わせて溶接します。

FlowerWheel_9.jpg  FlowerWheel_11.jpg
溶接終了      防錆塗装
 
 私が乗ってもビクともしません。恐らく載荷重量は 100kg 位あるでしょうね・・
 そんなに重い鉢植えは有りませんが。
 防錆塗装( 油性・ベンガラ )を二層行い、更に仕上げ塗装( 水性・白 ) も二層行います。
 塗装工程中に遅い梅雨明けを迎えました。

FlowerWheel_13.jpg

FlowerWheel_12.jpg
完成

FlowerWheel_14.jpg

 トレニアの鉢を載せてみました。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

チェーンソー燃料フィルター交換

  
 STIHLと比べると、ほとんど手を掛ける必要も無く元気に回っているリョービ35cm級ですが、購入して5年目のこの頃今一つ調子が出ません。
 梅雨も終盤を迎えた今日、久し振りに始動してみるとエンジンの掛かりが悪く、始動しても回転が遅く止まったりします。
 プライマリーポンプまで燃料が上がっていません。燃料フィルターの目詰まりと判断し、交換しましょう。
   

RyobiChainSaw_1.jpg
手作りフック
 
 ステンレス針金を曲げてフックを作ります。
 
RyobiChainSaw_2.jpg
フィルターの引き出し
 
 燃料タンクの中をまさぐりストレーナーを引き出します。
 サザエや巻貝のキモのような形状です。

RyobiChainSaw_3.jpg  RyobiChainSaw_4.jpg
汚れたフィルター               新規購入フィルター
 
 結構汚れているなぁ! これを外したとたんにプライマリーポンプにガソリンが回って行った。
 やっぱり不調の原因はこれだったんだろうな・・

 ホームセンターを通してリョービから交換部品を取り寄せましたが、型番が新しくなっていて形状も変わっていました。合えばいいか?


RyobiChainSaw_5.jpg
交換完了
 
 古い部品を引き抜いて、新しい物を挿し込みます。おっ、意外と簡単だ!

 プライマリーポンプにも燃料が良く上がっています。
 スターターロープ一発で初爆、二発目で簡単にエンジン始動です。掛ってしまえば普通に回転し、チェーンが回り出しました。

 またこれで数年間手間もかからず働いてくれるでしょう・・




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


長雨にうんざりde合間にセーリング

  
 6月初旬から梅雨に入りずっと降り続いています。しかも週末になると決まって、まとまった雨が降ってきます。もううんざりです。
 そんな願いが通じたのか、今週末やっと梅雨の中休みで曇りで収まっています。風が吹いても凪いでもとにかく出艇しましょう。

19SailingG_3.jpg
 
 風は弱く2~4m/s ガストが入って 6m/s がいい所。ガストを逃すことなくWトラピに出ます。いや~ぁ、やっと出られたね。
 去年の今頃は熱中症の心配をしながら乗艇していましたが、今年は結構着込んでセーリング。2mm スプリングの下に上下ラッシュガード着用です。
 
19SailingG_2.jpg
リーチリボン? 
 
 アメリカ土産の螺旋かざぐるまをメインセールのリーチに取付けて見ました。メインセールの風の流れを受けてクルクルと回っています。
 
 
19SailingG_6.jpg

19SailingG_7.jpg
女子高生新入部員
 
 飲み仲間の高校ヨット部コーチから新入生を乗せろというリクエスト。右も左も解らない1年生2人を瀬取りで乗艇。キャッキャ言って喜んでもらえました。
 
   
19SailingG_5.jpg
幕張の浜 マリンスタジアム前
 
 幕張の浜が何やら騒がしい。大きなテントやビルボードが出来ていて、何やらピカピカ光っている。何だろう?
 小雨が降ってきた3時過ぎ、帰港して若い人に聞いてみると
 「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019
 と言うイベントだそうで、"世界一ずぶ濡れになる音楽フェス" なんだそうです。熱中症対策で絶え間なく水が降りかかっているそうです。
 世界中からのアーティストが集合、夜遅くまで盛り上がるらしい。


19SailingG_10.jpg
主催者URL から

 
 夜までセーリングしてたらこの景色が見られたんでしょうね!


 とにかく早く梅雨が明けてくれないかなぁ・・





 ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR