FC2ブログ

街で見かけたハイラックス その14

  
 表題では「街で見かけた~」となっていますが、正しくは「山で見かけた~」でしょうね。
 薪仲間ニューカマーのハイラックスです。私の車と同年代第6世代のハイラックスダブルピックアップです。

HiluxBB_1.jpg
フロントビュー
 
 車体車台共に同一ですがエンジン排気量 2,000cc の4ナンバー登録車です。
 第6世代前期車は角形ヘッドランプです。またオーバーフェンダーによるタイヤハウスの飛び出しもありません。

HiluxBB_2.jpg
サイドビュー
 
 ピカピカに磨かれた外観にプラスして、特徴的で美しいキャノピーが荷台を覆っています。なんとリアサイドウィンドーが付いています。
 よくあるお洒落キャノピーではなく、リア部分で一段盛り上がって大きな開口部を取った使い勝手優先のものです。

HiluxBB_3.jpg
リヤビュー
 
 リアゲートに大きく TOYOTA のロゴが書かれています。「トヨタ戦争」の語源になったロゴですね。平和な日本がいいですね。
 キャノピー後部扉は鍵も掛かりますし、LEDストップランプも付いています。

HiluxBB_4.jpg
荷台
 
 荷台そのものは私の車と変わりありません ( 当たり前です ) が、キャノピーによる閉ざされた空間は全く雰囲気が変わります。
 雨や雪で荷物が濡れることはありませんし、積荷が風で吹っ飛んだりこぼれ落ちる心配もありません。結構使い勝手が良いかも・・

HiluxBB_5.jpg 
キャノピーサイドウィンドー
 
 FRP 製のキャノピーは荷台側壁とキャビン後壁にぴったり取り付いていて、薄いゴムパッキンでしっかりと防水されています。作りが良いですね。
 サイドウィンドーを内側から眺めるとこんな感じです。

HiluxBB_6.jpg
室内
 
 室内は見慣れている私の車と全く同じです。座席の布素材もしっかりしていて、くたびれの出ている私の車とは違うなぁ~
 主変速機は5速マニュアルです。副変速機は高速二駆、高速四駆及び低速四駆です。
 初ミーティングとなったこの日、伐採林で凹凸の激しい不陸原野を低速四駆で力強く走っていました。

 




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト



四街道 クヌギ林薪狩り 3回目

  
 気温が 27℃まで上がり湿度も 70%で風もほとんどない、作業には適さない一日です。
 数年ぶりにご一緒する「なかやマンさん」を迎え、久し振りの複数人薪狩りです。

 私は今日は搬入路整備のみの作業です。

21Maki_A1.jpg
切り株撤去
 
 今日はこの株を撤去します。

21Maki_A2.jpg
 
 前回よりは根張りが単純で入り組んでなく、作業としては簡単でした。
 ただチェーンが土を食わない様に注意するだけです。

21Maki_A3.jpg
細かく切断
  
 これで随分ハンドルさばきが楽になったはずです。

 ついで場内の篠竹刈りです。本来ですと「刈払い機」を用いれば楽に出来る作業ですが、このご時世で簡単に調達が出来ず仕方なく自前の機械でやります。
 トップハンドル機の Ryobi 3035 用に竹切り用ソーチェーンを新規購入。これで刈払います。

21Maki_A4.jpg
竹切り用ソーチェーン
 
 オレゴンの 91F052E です。一般的なソーチェーンでは切り刃がチェーンひとコマ置きに取り付けて並んでいますが、竹切り用では全部のコマに切り刃が付いています。「ソーシャルディスタンス」が守られてはいません。すなわち一般チェーンの倍の数の切り刃が付いています。ただし値段は二倍はしません。
 
切れ刃の型式は「シャンファーチゼル」で一般的なソーチェーンと全く同じです。と言うことは普通に樹木を切断しても、何ら問題はありません。

21Maki_A5.jpg
篠竹刈り作業
 
 これで随分と場内が広くなったかなぁ?


21Maki_A6.jpg
なかやマンさん玉切り

21Maki_A7.jpg
本日の獲物 なかやマンさん
 
 車は四駆の軽バンでした。入る時は四駆で楽々と入りました。
 車の沈み具合を考えて室内容量の半分程度しか原木を積みませんでしたが、退出路で随分と腹をこすり通路が削られていました。

21Maki_A8.jpg
極玉と格闘
 
 長径 75cm、短径 60cm の極玉に ECHO CS590 で挑戦です。
 ビデオの記録によると実働 3.0 分程度で玉切り完了でした。
  アメリカの YOU TUBE を見ていると同機で同程度の玉切りは 1.5 分位で切断しています。
 「まだまだ修行が足りない」って言うことでしょうね?





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


四街道 クヌギ林薪狩り 2回目

  
 「五月晴れ」は元来 旧暦五月( 新暦では6月 )すなわち梅雨の合間の貴重な晴れの日を意味していました。旧暦カレンダーによると今年は閏年で何と4月が二回あり暦上ではまだ4月ですが、連日雨模様でめいっていました。
 今日は気持ちよく晴れ上がり気温24℃、湿度も低くまさに「五月晴れ」の一日です。加えて北風が4~5m吹いていて、作業していても気持ちの良い一日です。

 立木を伐採しただけで全く手が入っていない現場です。本格クロカン四駆以外の車では乗り入れは無理でしょうが、まずは搬入路の整備から始めます。


20Maki_W1.jpg
切り株撤去
 
 タイヤ幅より狭いヶ所の切り株を撤去します。
 
20Maki_W2.jpg
細かく切断
 
 四方に張った枝根を一つ一つ切りました。
 ハイラックスで何回も通っているうちに、ワダチがついて道らしくなるでしょう。

20Maki_W3.jpg
中口径木

20Maki_W4.jpg
大口径木
 
 薪狩りシーズンも終わろうとしている昨今、やっと慣れてきた感がする大型機 Echo CS590 です。大排気量エンジンとチゼル刃で切れ味が鋭く、口径の大きな原木でも一気に切れます。

 ただしクサビ目を付けるような「縦挽き」には弱く、キナコのような粉が出るだけでなかなか切れません。角刃は縦挽きには向きませんね。

20Maki_W5.jpg
落とし掛け
 
 稼働重量 8.6kg 機の落とし掛けです。本体の重さを上手く利用しコツを掴めば簡単に始動しました。エンジンが冷えてた状態で、しかもデコンブボタンを使用しないでも始動出来ます。
 デジタルイグニッションの為せるワザなんでしょうね。でも危険なので自分を含めて良い子はまねをしない様にしましょう・・

20Maki_W6.jpg
本日の獲物

 コロナウィルスが早く収束して落ち着いた作業が待たれますね~





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


ヨットハーバー業務再開

  
 千葉県でも緊急事態宣言は26日に解除され、ハーバー最初の営業日の27日から業務が再開されました。朝一で点検に行きました。二月振りの愛艇と対面です。

20SailingD_1.jpg
19号艇 異常なし

20SailingD_3.jpg
24号艇 船首が振られている

20SailingD_2.jpg
470、トリマラン異常なし
 
 チーム所属艇に特段の異常は見当たりません。よかった・・

20SailingD_5.jpg
J-470Boats

20SailingD_6.jpg
J-ChaseBoat
 
 2艇の470とチェイスボートの船尾側の固縛ロープが外れています。

20SailingD_4.jpg
スロープ掃除
 
 ハーバー作業員によるスロープの牡蠣殻除去作業。綺麗になったね。

20SailingD_7.jpg
受付窓口コロナ遮蔽シート
 
 出ました。コロナウィルス飛沫遮蔽シートです。いかにもその場しのぎ感のある、殆ど透過しないシートです。

 このままコロナウィルスが収束することを願って、少しずつセーリングに戻りましょう。
 



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

5月下旬のストーブ+ピザ作り

  
 例年ですと風薫る5月下旬で一年で最も気持ちの良い季節を送るはずですが、このところオホーツク海に高気圧が居座り日本列島に冷たい北風を送り続けています。
 月曜日から土曜日まで連日雨降りで、気温も10℃台半ばの肌寒い日が続いています。こんな時はやっぱり薪ストーブでしょうね。
 およそ二月振りのストーブですが、ついでにピザを焼いてコロナ疲れの食生活を癒しましょう。きょうは3種類でしかもそれぞれ2セット合計6枚作ります。

20Maki_V1.jpg
いつでも良く燃える

20Maki_V5.jpg
3種類分のネタ

20Maki_V3.jpg
手慣れたものです

20Maki_V4.jpg
 
 左から
 ・きのこピザ  マイタケ、しめじ、エリンギにゴルゴンゾーラチーズ
 ・ペパロニピザ 辛いサラミソーセージ
 ・たけのこピザ 水煮たけのこ、輪切りオリーブにモッツァレラチーズ

 出来立てで八等分カッター目を入れておき、ラップにくるんで冷蔵庫に保存します。
 食べる時に電子レンジでチンして食卓へ。
 コロナ明けまでもう少しの辛抱だ・・



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


乾燥薪 移動

  
 昨年の春にかけて玉切り、薪割りをして現地で積み上げて乾燥していたケヤキとクヌギを自宅まで移送しました。
 手前には今年の1月に伐倒した玉のままのクヌギも蓄積してあります。

20Maki_U1.jpg


20Maki_U2.jpg
 
 乾燥が進んでおり重量はとても軽くなっています。作業していても楽で、積み込んでも荷台はあまり下がりません。

20Maki_U3.jpg
積み上げ
 
 来シーズン使用する時は2年物になります。良燃えるでしょうね。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


四街道 クヌギ林薪狩り 1回目

  
 コロナウィルスによる自粛で鈍った体調も、少しづつリズムが取れてきて復調気味です。
 五月も中旬となり湿度が低くカラッと晴れて気持ちの良い気候となってきました。
 今日は3月末にご案内した近隣市の伐採林で、地形条件が良く豊富な量があるのでしばらくの間通うことになります。今回は初めての原木採取で、諸般の事由からとりあえず私一人の単独作業です。

20Maki_T1.jpg
クヌギが多い 
 
20Maki_T2.jpg
中口径木
 
20Maki_T3.jpg
大口径木
 
 昨年秋の台風で倒木の恐れがあるために伐採されてから、半年以上経っているので結構乾燥が進んでいます。玉に切ってもそんなに重くはありません。比較的楽に作業できます。

20Maki_T6.jpg


20Maki_T4.jpg
本日の獲物
 
 単独作業の場合、家を出発して現場で作業をして帰宅する、全行程誰とも会いません。
 花粉飛散も少ないとの見込みで、マスクを外しての作業です。楽で良いですね。

 こんな感じで「独りモクモク」を続け、コロナウィルスの収束程度を見ながら仲間を集めてチームでやりましょう。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

伐倒練習台製作

  
 手頃な太さの丸太を自立させて、「受け口」「追い口」をチェーンソーで刻んで伐倒する練習台を作ります。


CSKoshuu_9.jpg
伐採練習
 
 チェーンソー講習会では教官がトビ口を使って丸太を立て、練習生がチェーンソーで「受け口」「追い口」を刻みます。
 この丸太を立てる台を作ります。これで単独で練習が出来ます。

Ukekuchi_2.jpg
材料
 
 在庫している細口鋼管を使用します。
 Φ19.1、22.2、25.4 の3種類を用います。

Ukekuchi_1.jpg  Ukekuchi_6.jpg
単式パイプベンダー      曲げ加工済み

Ukekuchi_5.jpg
ノッチ加工
 
 難しい薄肉同士の溶接になるので極力不安定要素をなくそうと、直角接合ヶ所は全てノッチを切って容易な溶接作業を目指します。

Ukekuchi_7.jpg
 
 肉厚 1.2mm ✕ 1.2mm の溶接です。溶接電流 70A で母材を溶かさないように注意して運棒しましょう。スパッタの飛び散りも少なめですね。

Ukekuchi_10.jpg  Ukekuchi_9.jpg
本日のビード(溶接痕)      溶接終了

Ukekuchi_11.jpg
脚パイプが付属します

Ukekuchi_12.jpg
丁場にある適当な材を立て込みます

Ukekuchi_13.jpg
こんな風に使用します
 
 実際の伐倒作業ではもう少し下に切り込みを入れますが、練習台では立て込みの安定を計る為にそれよりは高くなっています。
 ソーチェーンを鋼管パイプに当てないように注意して使用しましょう。



動画ご覧ください 近隣工事の騒音あり



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


2020 春の薪割り

  
 先月採取した桜の玉を割ります。
 コロナウイルスによる外出自粛でずっと静かに暮らしていますが、体力の低減が問題です。
 以前は週に2,3回のアスレチックジム通いでウェイトトレーニングと水泳をこなしていました。
 週末には過激なヨットセーリングあるいは薪原木採取の重労働、と人の2倍位動いていたのが突然のゴロゴロ暮らしです。今までは手足の先の毛細血管まで十分に血液が回り、免疫力も保持されていたと自覚していましたが現在はかなり怪しいです。
 そろそろゴロゴロ暮らしの中にもジョギングや自宅でのウェイトトレーニングやエアロビバイク漕ぎと、少しづつリズムを取り戻しつつあります。
 1人で出来る薪活はリズム取り戻しに最適です。ボチボチやっていきましょう。 


20Maki_S1.jpg
100V 電動油圧薪割り機


20Maki_S2.jpg


20Maki_S4.jpg

 0.6m3 位にはなったかな



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

ボートトレーラー廃車

  
 13 年間ヨットを積んで牽引走行に使用したボートトレーラーもついに終焉を迎えました。
 車枠構造体と後車軸ハウジングの錆による腐食が酷く、折からのコロナウィルス外出自粛やヨットハーバーの一時閉鎖と相まって修復不能になってしまい廃車としました。
 今回感謝の意を込めて、足跡をたどり記録としたいと思います。

 長年の希望であったボートトレーラーの自作を 2009 年の前半にかけて行いました。
 鋼構造物の設計は仕事としてやっておりましたからお手の物ですし、趣味の溶接の範囲で製作しました。

フレーム本溶接  フレーム仮組み溶接
車枠溶接
 
 全てホームセンター等で購入した鋼材を用い、自分でこつこつと溶接しました。

横浜第二合同庁舎  職権打刻
関東運輸局技術課      職権打刻

 あらかじめ横浜にある国土交通省関東運輸局技術課の協議指導を受けて設計・製作し、車両の型式認定を受けました。車枠から自作した例は無く初めてのことだそうです。
 晴れて型式認定を受けた後に実車を完成させ、地元千葉の陸運局で車検を受けて車体番号の職権打刻を受けナンバーが付きました。これで公道走行が可能となりました。 

BoatTralor_20.jpg
車検場にて

 -----◇-----


BoatTralor_8.jpg
母港稲毛ヨットハーバー
 
 普段はヨットハーバー保管ヤードの片隅に駐車しています。海水の打ち込みで塩水の掛かる場所ですから、どうしても鋼板の錆や腐食は出てきます。
 
BoatTralor_2.jpg  BoatTralor_17.jpg
2杯牽引
 
 最初の 5 年間はトヨタマークⅡで牽引していました。上の写真は 2 艇分を積載している所です。マークⅡの場合はトレーラーと連結した検討書が必要でした。
 設計当初から 2 艇分の積載容量を前提としていました。

由比パーキング
モノハル ( 単胴艇 ) 回送
 
 艇底にあてがう船台に細工するだけでモノハル艇の積載も簡単に対応できます。

Camp14_121.jpg
東名高速道路
 
 ハイラックスは元から牽引することを前提に作られています。車検証で 950 条登録を行い、無審査で牽引が認められました。
 高速道路では一番左側の車線走行が求められ、最高速度は 80km/h と決められています。
 一般道路に比較してほとんど直線の高速道路での運転は、思っているよりずっと簡単です。
 ただし他の車からは随分好奇な目で見られました。あからさまに不審の目を向けてくる人もいました。
 また連結全長が長いため、後退はいつまで経っても上達しませんでした。
 
BoatTralor_18.jpg
高速道路パーキング
 
 連結長が長いので高速道路のパーキングではトレーラー用のブースに駐車する必要があります。どこのパーキングでも売店から一番遠い区画に設定されています。
 高速道路の通行料金は当該牽引車の車種の一ランク上の金額が設定されています。中型登録のハイラックスの場合トレーラー込みだと、何と大型車の料金です。高いなぁ~

BoatTralor_15.jpg
東富士五湖道路  籠坂トンネル
 
 灯火点灯状況です。内側からトレーラー尾灯、トレーラー法定三角反射板、牽引車尾灯。
 真ん中の上の方に赤い灯火があるのは法定外で、自分がトレーラー位置をバックミラーで確認するための目印ランプです。
 
YamaCamp_5.jpg  BoatTralor_16.jpg
山中湖畔道路

BoatTralor_3.jpg
山中湖ヨットハーバー
 
 山中湖は標高 1,000mにあるので下界では猛暑日でも、ここは涼しくて別天地です。
 

BoatTralor_19.jpg
浜名湖畔

BoatTralor_4.jpg
浜松市ヨット協会ハーバー
 
 十分に広いので縦横無尽にセーリングできます。対岸に雰囲気の良いマリーナがあり昼食の度に海上から訪れていました。いつも良い風に恵まれて豪快な走りが楽しめました。
 

BoatTralor_6.jpg  BoatTralor_21.jpg
艇体固定状態
 
 艇体は片側ずつ荷締めベルト5本を用いて車枠に固縛しています。


 もうこんな長物を牽引することは無いでしょうね・・
 長い間頑張ってくれたなぁ~ 楽しい思い出で一杯だ。
 ありがとう





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR