呼塚薪狩り募集

 
 10月から続く毎週末雨で原木回収の予定が大きく狂っている呼塚宅造地ですが、ご多分に漏れず先週末も雨の為作業が出来ませんでした。
 原木の回収とは関係なく宅造の工程は進み、早くも残日程のカウントが始まったようです。
 

18Maki_F2.jpg
軽トラ6~7台分の原木

◇ 原木回収のお知らせ ◇
 
 場所  千葉県柏市呼塚交差点近く
 時間  午前10時~2,3時間 ( 玉1台分が切り終わるまで ) 2往復分も可能です。
 持物  チェーンソー、保護具他 弁当、飲み物
 樹種  カシ、クヌギ、ケヤキ等
     林の中に杉も多量に蓄積してあります。焚付け等に必要な方はどうぞ
 作業内容 玉切り、積み込み
        
 日時  11月25日(土) を予定しています。
      20日 (月) 現在の天気予報では「晴れ」降水確率10%です。
      催行の是非は前日の天気予報で判断します。
      土曜日以前でも平日やれる方がいれば、お一人でもご案内します。
 連絡方法 初めての方はコメント欄から「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを
     入れて、お名前、メールアドレス ( LINEアドレス ) 、ブログ名、電話番号、
     車種と色をお知らせください。 
 初めてでない方はブログ名のみをお知らせください。オープンコメントでも構いません。
 折り返しこちらから集合場所等を連絡いたします。

-------------------------------------

◇ 原木情報 ◇

 宅造地の北西側の照葉樹林です。
 先週私達が薪狩りをしていた時に業者が入って伐採をしていました。当日騒音への苦情があり伐採を中止していましたが、その後進めたようです。


18Maki_F3.jpg
クヌギの山

18Maki_F4.jpg
カシとケヤキの山

 軽トラ換算3~40台分の原木がありそうです。
 宅造地と同じ地主さんです。
 開発業者を通して地主さんに協議してみます。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

スポンサーサイト

街で見かけたハイラックス その10

  
 先月初めから販売開始を始めた新型ハイラックスピックアップですが、一向に市中には出回ってきません。
 一説には注文から6か月後に納車とか言われています。
  ( 発注も、購入の検討すらしていない私が気をもむのも変な話ですが ) 

 そんな中、意外なところで見付けました。国道16号沿いの大型中古車センターです。ここではランクルなどの四駆を多数扱っています。



Hilux1743.jpg
両方ともZグレードで

Hilux1742.jpg
後の車 2インチリフトアップ

 前の青い車はカタログのままラジオもナビも付いていません。
 価格374万円です。

 後の黒い車はナビ、ETC、BF_Goodrichのオールテレーンタイヤに履き替え、車高を2インチアップしています。価格420万円です。


Hilux1741.jpg


 トヨタの販売店とは異なり、お金さえ支払えば直ぐに乗れます。
 現行版のハイラックスに乗っている私を見つけて、営業マンが飛んできました。脈がありそうな客に見えたかな?
 現行版からの乗り換えは別として、新規購入する人たちはどんな層なのでしょうか?
 薪集めをする人はそう多くないと思うし、ましてボートトレーラーを牽く人は滅多に居ないでしょうし・・

 ただし現行車の燃費 6km/ℓ に比べたらディーゼルで 10km/ℓ オーバーは魅力ですね。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

呼塚薪狩り

 
 関東地方を通過した寒冷前線の影響で、朝方は降ったり止んだりのぐづついた天気でしたが、薪狩りを始める頃は落ち着き晴天の下、快適な作業になりました。

18Maki_E1.jpg
総勢5人のパーティー

18Maki_E2.jpg
カシ、ケヤキ、クヌギの山です

 今季初チェーンソーの方もいて、待ちかねたように切り始めました。


18Maki_E3.jpg
埼玉県川越からお越しのガシンさん、片道2時間半お疲れさまでした

18Maki_E5.jpg
F650 師匠

18Maki_E4.jpg
茨城県牛久のYさん、普段は筑波山麓で里山保全の薪狩りだそうです

18Maki_E7.jpg
くんくんさん、腰痛を押しての参戦でした

18Maki_E6.jpg
私のハイラックス

 私の家には薪を積む所がもうどこにもありません。新規に作らなければなりません。


 とにかく気候も良く、足場も良く作業内容も楽な現場でした。
 昼食を挟んで正味2時間強の作業、事故も無く終わってよかった。


ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

2018 初薪狩り募集

  
 台風21号が南関東を直撃し、ヨットハーバーをはじめ多数の災害をもたらしました。
 その復旧が始まらない内に次の台風22号が来たりして、気ぜわしい毎日でしたね。
 私にとって今シーズン初の薪狩り現場となる柏市呼塚の宅造地の伐採工事も、連日の降雨で工程が延び延びになっています。
 

18Maki_C1.jpg
数ヶ所に積み上げられた原木の山

18Maki_D1.jpg
枝、根の搬出  
 
 

 11月に入り連日降っていた雨もやっと止み、秋らしい天候が回復してきました。

 除根作業も大分進み、枝や根の搬出も始まりました。
 
 中口径の適材を蓄積してくれるようですから、原木回収に入りたいと思います。
 住宅地の中に在り、騒音と安全の観点から日曜祭日と降雨時の玉切りは出来ません。

 ◇ 原木回収のお知らせ ◇

 場所  千葉県柏市呼塚交差点近く
 時間  午前9時~お昼位 ( 玉1台分が切り終わるまで ) 2往復分も可能です。
 持物  チェーンソー、保護具他 弁当、飲み物
 樹種  カシ、クヌギ、ケヤキ等
 作業内容 玉切り、積み込み
 日時  11月11日(土) を予定していますが、本日現在の天気予報では又々雨です。
      催行の是非は前日の天気予報で判断します。
      土曜日以前でも平日やれる方がいれば、お一人でもご案内します。
 連絡方法 コメント欄から「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてお名前、メールアドレス、ブログ名、電話番号、車種と色をお知らせ下さい。 
 折り返しこちらから集合場所等を連絡いたします。


ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


台風22号 報告

   
 甚大な被害をもたらした21号台風ですがその復旧すら始まらない一週間後、22号台風の襲来を再度受けました。
 22号は雨台風だったようで、例によって各地に浸水等の被害を与えたようですが、ヨットハーバーには問題はありませんでした。よかった。

17Typoon_50.jpg
陸側のヤード
  
 21号台風で流出した艇を定位置に戻し、しっかり固縛したままです。
  

17Typoon_51.jpg
水門脇のヤード  
  
 21号台風で破損した艇を一時搬出しているので、大分空きが目立ちます。
 

17Typoon_54.jpg
クルーザーバース

17Typoon_53.jpg
海側のヤード
  
 こちらも要修理艇を搬出しているため若干空きが目立ちますが、現状艇に問題はありません。特にこの区画は前浜がある分、波の打ち込みが少なく、優良バースですね。


17Typoon_55.jpg
私達のトーネード

17Typoon_56.jpg
レーザー、テーザーが多いバース

17Typoon_57.jpg
J大等のバース


 連続週末台風がやっと行き過ぎたと、ほっとしたその日に関東は東北の強風が吹きまくり、なんと「木枯らし一号」だそうです。
 ついこの間まで「真夏日」で熱中症に気を付けてたかと思えば、3週間連続の雨。最後の1週間で大型台風が2個連続で来襲。後始末に追われているその日のうちに「木枯らし一号」
 日本の天気もずいぶんと荒っぽい物になってきたな~
 ススキに止まるアカトンボなんてどこへ行った?
 




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

台風21号被災結末

 
 猛威をふるった台風21号が去って3日経ちました。もう次の22号がやって来る予報です。

 台風の直撃を目の当たりにし、高潮の悲惨な災害に直面した私としては6年前の大震災の津波でディンギーもクルーザーも全て流出した銚子マリーナの惨状を思い出し、必要以上にうろたえてしまいました。
 今日ハーバーに行き落ち付いて被害状況の再確認をしましたが、幸い私達の艇はどこも損傷は無いようです。

 ハーバーの職員に尋ねたところ、東京湾へ流出した艇は一杯も無く、全艇がハーバー敷地内に留まっていた模様です。かなり遠くまで洗い出された艇はあり、夫々多少の損壊はあったものの江ノ島のようにハルが「真っ二つ」に裂けてしまったような艇はありません。
 ただ皆さんマストを倒していたためその殆どが流出、センターボードやラダーも流出。どちらも金属部分が重いため、恐らくポンドに沈んでいる模様です。
 私達の艇はどの部品も付けっ放しですから、こういう時は大丈夫ですね・・
 

17Typoon_41.jpg
元通りの位置に固縛 ( T歯科大艇 )
 
 これは私達が艇を置く陸側のヤード。
 高波の直撃は受けませんが、津波や高潮の潮流で流され易い。

 下の写真は海側のヤード。高波の直撃を受け易いですが、津波や高潮の潮流は迂回するため流されにくいです。

17Typoon_44.jpg
損傷の確認作業  ( C大 )
 
 C大では水門寄りのヤードに留めておいた艇が、ほとんどの個体で艇体に穴が開く損傷を受け暫くは使用不能だそうです。


17Typoon_42.jpg
当ハーバーでは最も安全な区域 ( J大のバース )

17Typoon_43.jpg
J大の最新鋭艇

 このヶ所でも船底に付着したゴミから推定して、高潮水深は 43cm 程度。あと10cm 水位が上昇すると浮力が格段に増し、固縛ロープが切れたりします。
 艇をバースに置くときは空気の抜けるのを嫌って、船台のタイヤを外しているチームが多いです。すると船台の高さが20cm位低くなり、高潮時には悪い影響を受け易くなります。

 固縛ロープでは全般的に直径 8mm 以下のものは切れていました。12mm 以上ではまず切れていません。またロープは縦横斜めに掛ける必要がありますが、一本のロープを行って来いに使うのではなく、全ヶ所別々のものを使用すべきでしょうね。


 今回流出艇の探索や回収を含めてハーバー職員の活躍が目立っていました。
 仕事とは言え「有難う」

 
 


ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

台風21号被災

     
 近年まれにみる大きさと強さで季節外れの台風21号は南関東を縦断しました。
 
 私たちの稲毛ヨットハーバーは東京湾の最奥にあり、太平洋の高波の直撃は免れたものの堤防を遥かに超える波の洗礼を受けました。

1710Typhoon_22.jpg
命がけの撮影 ( 水位が高い! )
 
 昨日23日月曜日午前6時前後、折からの大潮の満潮と台風の海面上昇が重なって異常潮位発生。通常の大潮満潮よりも推定で1.5m以上も海面が上がり、管理棟を除くハーバー全域が浸水しました。
 一般的に陸置き中の艇は横風に対しては安全ですが、浮力を受ける前提では置いていませんし、船台の構造もそうなってはいません。さらには普段からの気の緩みから固縛ロープをしっかり止めていない艇も多いのです。

 そこに海水が入ってきて浮力が加わり、艇が持ち上がったり落ちたりの繰り返しを受けロープが緩んだり切れたりで陸側ヤードに泊めてある艇の大部分が流され出ました。
 2011年秋の高潮の時もそうでしたが、流出して自由になった艇体は、下の写真左上の隅に流されます。


17Typoon_100.jpg
すっからかんの陸側のヤード
 
 一週間前はずらりと並んでいたヨットは何処へ行ってしまった?
 ハーバー職員によるとポンドに浮遊していた数艇は引き上げたそうです。それ以外は東京湾に流れ出たか、ポンドに沈んだか!?
 いずれにしても大変なことです。


17Typoon_2.jpg  17Typoon_6.jpg
流されたヨット           固縛が外れたがかろうじて留まったヨット
  
17Typoon_12.jpg
19号艇無傷
  
17Typoon_8.jpg
24号艇無傷
 
 よくぞ無事でした。
 実はこれらは奇跡ではありません。2011年の高潮で浮力が掛かった艇体が、固縛ロープに負けてハルが切断されると言う事故が起こって以来、固縛ロープには「当て物」を取り付けていました。固縛ロープも太い物を用い、一本物は避けて4本個別な物を使用しています。セーリング終了時にはしつこいくらい固縛を確認していました。
 船台は高さのある構造です。これらが功を奏したのでしょう。



17Typoon_34.jpg
高潮の推定水位
  
 芝生に残ったゴミから推定した高潮水位は艇体の 2/3 程度の高さでした。
 これ以上水位が上がったら浮力が大きくなり、私たちの艇も危なかったでしょう。

 多少破損した箇所がありますが、今週末の修理で終わるはずです。 
  
---------------◇----------------
  
17LSailing_1.jpg  17LSailing_2.jpg
JNNニュースから

 江ノ島でも酷いことになっています。稲毛と違ってこちらは高潮による流出では無く、高波直接の破壊でした。従って江ノ島では壊れていても艇体はその場所に留まっています。
 200杯以上の艇が壊滅的に破損したそうです。こちらも悲惨ですね。 



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR