2017年 春遠からじ

   
 暦の上では昨日1月20日が大寒とされていますが、日本各地で寒波と大雪の報道がされています。私の住む南関東でも雪が降ったり、ぐっと冷え込んだ日が続いています。

 毎朝散歩するコース上で見つけた「大寒」と「早春」の様子をキャプチャーしてみました。


 まだまだ寒さは続くぞ・・

Shimo_2.jpg



Shimo_1.jpg  Shimo_3.jpg

 「シモバシラ」と言う名前の多年草です。本体は枯れていますが、根は生きていて茎の中の導管が冬でも残り、地下水を吸い上げて霜柱を吹き出します。何とも不思議な植物です。
 冬以外の季節は地味に生きていますが、ほかの植物が枯れた真冬が晴れ舞台です。
 見事なパフォーマンスでしょう!?





 春はすぐそこまで来ています。


Shimo_5.jpg  Shimo_6.jpg
紅梅              白梅

Shimo_4.jpg
ロウバイ

 「ロウバイ」は梅という名前が付いていますがクスノキの仲間です。
 紅梅・白梅とともに良い香りを漂わせています。


Shimo_10.jpg
スイセン

 千葉県南部房総半島や静岡県伊豆半島では温暖な気候のためスイセンの自生地が沢山あります。私が毎朝歩いている公園は当然栽培ですが、半ば放置プレーです。

 もう春は直ぐそこまで来ている、 か?




 その割には私の家は真冬真っ只中!


Shimo_7.jpg
通常燃焼

 燃焼室下側及び前面ガラス上部から空気を供給します。ガンガン燃えて温度を上げます。

 一昨年末から北総薪ハンターズ (私が勝手にそう呼んでいますが) の一員に加えてもらって、薪の在庫に不安が少なくなりました。薪をドンドン追加しましょう。


Shimo_8.jpg
オーロラバーン

 温度が上がったら下側及び前面ガラス上部からの空気を止めて、新たに燃焼室後上側から空気を吹き込みます。
 すると可燃性の木炭ガスの上部にのみ燃焼が起こり、オーロラのような感じになります。燃焼自体は余り進まず、温度も上がりません。


Shimo_9.jpg
通常燃焼+オーロラバーン

 オーロラバーンで燃焼中に燃焼室下側から空気を少し入れてやると、火床から炎が立ち上がり上部のオーロラとの共演が楽しめます。

 夫々の炎は互いに干渉しあうことはなく、別々の動きをするため見ていても全く飽きない光景が続きます。炉室温度も適度に上がります。

 
 
 春は早く来てもらいたい、けれど薪ストーブも焚いていたいかなぁ?





ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

2017年 初セーリング

   
 今朝はこの冬一番の冷え込みで、気温2゜Cの寒さです。

 午前中風は殆どありません。お神酒を頂きながら風待ちをしましょう。


17ASailing_1.jpg  17ASailing_2.jpg
19号艇お神酒        24号艇お神酒

 昼1時過ぎにやっと北西の風3~4m/s くらいが吹き出しました。
 やっと出艇で、波は殆どありません。


17ASailing_3.jpg
お約束波立ボート

 飲み仲間で高校ヨット部コーチのゴムボートが、波を立てにやってきました。今日はデープキールの中型艇なのでそこそこ波を引いています。

 なんと女子高生をこちらの艇に乗せろと言う。3年生で既に進路が決まり、現在は部活もお遊び程度だそうです。


17ASailing_5.jpg


17ASailing_4.jpg
両サイドが高校生ペア

 このペア、なんと昨年の高校総体和歌山大会で420級全国2位の強者だそうです。
 二人とも一般受験シーズンの前に既に進路が決まっています。一人はスポーツ選抜で有名大学進学だそうです。大学でもがんばれよ!

 そんなことをしているうちに自分の画像を撮るのを忘れてしまいました。

 なかなか良い年になりそうだ。







ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい



2017年 日本のお正月

 
 明けましておめでとうございます。稚拙なブログですが今年も宜しくお願いいたします。

 昨年の夏に初めてホームビジットと称してスゥエーデンからの留学生を一日預かりましたが、再びこの暮れから正月にかけて我が家に滞在し日本の正月を共に過ごしました。


NewYear7_01.jpg
杉玉
  
 暮れの30日、墓参りもかねて房総半島の中央部の酒蔵で買い出しです。

 軒先にぶら下がった「杉玉」の説明をしました。
 女子大生であまり酒を飲まないので「熱燗」の意味がうまく伝わらない。


NewYear7_02.jpg
除夜の鐘

 大晦日は近所の寺で除夜の鐘つきです。撞き棒を後に引いて前へぶつけるだけの動作ですが、結構難しい。一発勝負なので緊張しました。
 除夜の鐘というと「煩悩」の数108回と決まっていますが、ここでは鐘撞き希望者が多過ぎてしかも全員が撞くため200回以上になっています。


NewYear7_03.jpg  NewYear7_04.jpg
おせち料理          初詣


 我が家には近くの親戚筋が大勢集まるので普段に増して賑やかです。

 おせち料理の量も結構作ります。(私は手伝わないんですけれど・・・)

 お雑煮を祝った後は全員でゾロゾロ歩いて近くの神社へ初詣です。


NewYear7_05.jpg
東銀座歌舞伎座

 2日は歌舞伎の鑑賞。新春初日しかも午前の部の歌舞伎です。3階A席の端部しか取れませんでしたが、それでも奇跡に近いかな?
 この日は歌舞伎役者の出迎え挨拶はなく、劇場主松竹の会長が自ら挨拶に立っていました。



NewYear7_14.jpg
スゥエーデン女子大生の着物姿

 ホームスティ女子大生の趣味は「着物」です!! 本国にいるときからネットを通じて買い集めていたそうです。
 しかもYOU TUBEを見ながら独学で着付けを学んだそうです。立派!
 新年初日の歌舞伎です。和装の男女は大勢居ますが、背が高くしかも金髪の彼女は注目の的でした。彼女にとってもよい舞台となりました。


NewYear7_10.jpg  NewYear7_11.jpg
参考絵

 演目は 将軍江戸を去る
     大津絵道成寺    愛之助五変化
     伊賀道中双六 沼津
 の3幕でした。当然上演中の撮影は出来ません。上の参考絵は大津絵道成寺(YOU TUBEより)
 愛之助の藤娘五変化は出来も良くなかなか見ごたえがありました。

 上演中に「成田屋!」とか「澤瀉(おもだか)屋!」とか掛け声がかかります。
大体「大向こう」と呼ばれる3階後部B席の両端部に陣取った常連によるもので、場を盛り上げるうえで欠かせない物です。この大向こうさん達の席のすぐ前に座ったものですから、臨場感満点の歌舞伎を満喫できました。新春とあって掛け声にも気合が入っていました。
 
 
 
 翌3日は相撲稽古見学です。錦糸町にある元大関魁皇現浅香山親方の浅香山部屋です。昨年暮れにも来ていますから勝手知ったる物です。
  
NewYear7_07.jpg  NewYear7_06.jpg
桟敷から見学             親方とホームスティ女子大生   

 前の日に女将さんに電話して確認したところ、「当日は稽古初日なので軽く流すだけ」と言われていました。ところが稽古場ではそんなことはなく、ガスンガスンとぶつかり、何人も出血する激しさ。5日後から本場所が始まるため、抑え切れないんでしょうね。
  ホームスティ女子大生もびっくりしたままです。

 本人曰く「この様子を友人に説明したいが、表現方法が判らない」くらい驚いて感動したそうです。



 日本どっぷり正月の締めは、何と「盆栽」鑑賞です。
 
NewYear7_08.jpg
主庭にて
   
 江戸川区にある「春花園」です。奥に広がる純日本建築の室内展示場と前部の庭に盆栽が沢山展示してあります。

 庭園の造りのも細部まで作法に則ったもので素晴らしい物でした。

NewYear7_09.jpg
松の盆栽

 一鉢何億円もの盆栽もいくつかあるとのことでした。

 まさに日本どっぷり正月を締めくくる物にふさわしい場所でした。



 さて明日からはまたいつもの通りの日常に戻りましょう。










ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい


2016年 クリスマス 薪狩り

   
 11月末にゴン太さん主催で催された薪狩りと同じ現場で再び薪狩りです。
 今回は所用のためゴン太さんは朝一番のみの参加となりましたが、エンジン式薪割り機を貸出し頂きました。

Maki16G_1.jpg  Maki16G_2.jpg
伐採木の山

 屋敷森を切った伐採木がまだまだ山のようにあります。

 本日は薪仲間6名の参加です。
  

Maki16G_3.jpg
薪割り機牽引

 薪狩り丁場まで数百mの移動をハイラックスで牽引です。


Maki16G_4.jpg
連結器

 エンジン式薪割り機は連結器 ( カプラー ) が付いており、なんとアメリカ規格の2インチ ( 50.8mm ) ヒッチボールです。

 幸い私のヒッチボールも2インチですので、無理なく連結出来ました。しかも用心チェーンもついております。当然これも取付け。


Maki16G_5.jpg
今回は薪割り機担当

 普段は参加者が夫々自分の取り分の玉切りをして、車に積み込み持って帰る方法です。
 今回は玉切り係、薪割り係と役割分担をし、全員で等分する方法をとりました。私は薪割り係です。

 薪割り機のエンジンは6.5馬力で油圧シリンダーを介して22t もの応力を発生する強力な物。バリバリ、バリバリとどんな玉でも割っていきます。

 ただ、屈強な玉切り係4人のチェーンソー揃い踏みです。次から次へと切り玉をよこすので薪割りが追いつきません。


Maki16G_6.jpg  Maki16G_7.jpg
等分された割り薪           私の獲物


 その日のうちに薪割りまでしてしまうって素晴らしい!
 家に帰って積み上げるだけでいい。







ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい




ストーブサイド薪ラックの製作 第11弾 後編

  
 前編で製作した側壁同士を上下二段の連結鋼棒で結びU形構造とします。

16MakiRack_15.jpg
木製ジグNo.2

 前回側壁製作用のジグを作りましたが、今回は本体組立て用のジグを作ります。

 ポイントとして下記を確保できる構造としました。
  ・左右の側壁間隔を正確に出す。
  ・左右の側壁を縦横両方向に対して正確に直角を出す。
  ・底版連結鋼棒の取付位置を正確かつ簡単に出す。
  ・溶接棒を楽な方向で運棒できる。
 


16MakiRack_17.jpg
組立て状況

 シャコ万と長ボルトを使用して部材鉄筋を正確に取り付けます。
 下側の連結鋼棒はジグの定規でカッチリと固め、意図する寸法で止まりますが、上側はフリーですから寸法を当たりながらシャコ万と長ボルトで調整します。この辺りは未だ開発途上です。


16MakiRack_18.jpg  16MakiRack_19.jpg
溶接作業

 今回はD13異形鉄筋同士の溶接がメインなので、手棒溶接機を使用。
 溶接棒φ2.6 で溶接電流 120A です。

 鉄筋鋼棒の突合せ溶接ですから、一か所の溶接はアッという間に終わります。ジグへ組み込んだり、外したりの繰り返しです。その度に寸法合わせを行いますが、ジグを使用しないときに比べて数段のスピードアップができています。



16MakiRack_21.jpg
本日のビード ( 溶接痕 )

 溶接時間が一瞬なので溶け込みとか脚長とかを考えている暇がありません。
 うまく付いているんだろうな。



16MakiRack_20.jpg
二組完成

 小半日で二組の組み立て溶接が出来ました。

 組み立て溶接時間は予定通り3,4分の1に短縮されました。精度も格段に上がりました。
 あとは材料部材の下準備 ( 切断、曲げ加工、開先加工 ) ですが、これは工夫のしようがないなぁ~。 今後の課題だな。

 
16MakiRack_22.jpg
塗装終了


 組み立て溶接が完了したら、バリ取りを手持ちグラインダーを使用して行います。
 先ずはオフセットサンダーで、大きなバリや溶接の盛り上げ過ぎ部を削り取ります。
 次いで回転ブラシで、スパッタや錆汚れを削り取ります。

 その後防錆塗装 ( 赤錆色 ) 、日を置いて仕上げ塗装 ( 黒艶あり ) の二層塗装をして全行程完了。最後にゴム脚を履かせて出荷です。




ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい




プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR