FC2ブログ

四街道 クヌギ林薪狩り 3回目

  
 気温が 27℃まで上がり湿度も 70%で風もほとんどない、作業には適さない一日です。
 数年ぶりにご一緒する「なかやマンさん」を迎え、久し振りの複数人薪狩りです。

 私は今日は搬入路整備のみの作業です。

21Maki_A1.jpg
切り株撤去
 
 今日はこの株を撤去します。

21Maki_A2.jpg
 
 前回よりは根張りが単純で入り組んでなく、作業としては簡単でした。
 ただチェーンが土を食わない様に注意するだけです。

21Maki_A3.jpg
細かく切断
  
 これで随分ハンドルさばきが楽になったはずです。

 ついで場内の篠竹刈りです。本来ですと「刈払い機」を用いれば楽に出来る作業ですが、このご時世で簡単に調達が出来ず仕方なく自前の機械でやります。
 トップハンドル機の Ryobi 3035 用に竹切り用ソーチェーンを新規購入。これで刈払います。

21Maki_A4.jpg
竹切り用ソーチェーン
 
 オレゴンの 91F052E です。一般的なソーチェーンでは切り刃がチェーンひとコマ置きに取り付けて並んでいますが、竹切り用では全部のコマに切り刃が付いています。「ソーシャルディスタンス」が守られてはいません。すなわち一般チェーンの倍の数の切り刃が付いています。ただし値段は二倍はしません。
 
切れ刃の型式は「シャンファーチゼル」で一般的なソーチェーンと全く同じです。と言うことは普通に樹木を切断しても、何ら問題はありません。

21Maki_A5.jpg
篠竹刈り作業
 
 これで随分と場内が広くなったかなぁ?


21Maki_A6.jpg
なかやマンさん玉切り

21Maki_A7.jpg
本日の獲物 なかやマンさん
 
 車は四駆の軽バンでした。入る時は四駆で楽々と入りました。
 車の沈み具合を考えて室内容量の半分程度しか原木を積みませんでしたが、退出路で随分と腹をこすり通路が削られていました。

21Maki_A8.jpg
極玉と格闘
 
 長径 75cm、短径 60cm の極玉に ECHO CS590 で挑戦です。
 ビデオの記録によると実働 3.0 分程度で玉切り完了でした。
  アメリカの YOU TUBE を見ていると同機で同程度の玉切りは 1.5 分位で切断しています。
 「まだまだ修行が足りない」って言うことでしょうね?





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト



四街道 クヌギ林薪狩り 2回目

  
 「五月晴れ」は元来 旧暦五月( 新暦では6月 )すなわち梅雨の合間の貴重な晴れの日を意味していました。旧暦カレンダーによると今年は閏年で何と4月が二回あり暦上ではまだ4月ですが、連日雨模様でめいっていました。
 今日は気持ちよく晴れ上がり気温24℃、湿度も低くまさに「五月晴れ」の一日です。加えて北風が4~5m吹いていて、作業していても気持ちの良い一日です。

 立木を伐採しただけで全く手が入っていない現場です。本格クロカン四駆以外の車では乗り入れは無理でしょうが、まずは搬入路の整備から始めます。


20Maki_W1.jpg
切り株撤去
 
 タイヤ幅より狭いヶ所の切り株を撤去します。
 
20Maki_W2.jpg
細かく切断
 
 四方に張った枝根を一つ一つ切りました。
 ハイラックスで何回も通っているうちに、ワダチがついて道らしくなるでしょう。

20Maki_W3.jpg
中口径木

20Maki_W4.jpg
大口径木
 
 薪狩りシーズンも終わろうとしている昨今、やっと慣れてきた感がする大型機 Echo CS590 です。大排気量エンジンとチゼル刃で切れ味が鋭く、口径の大きな原木でも一気に切れます。

 ただしクサビ目を付けるような「縦挽き」には弱く、キナコのような粉が出るだけでなかなか切れません。角刃は縦挽きには向きませんね。

20Maki_W5.jpg
落とし掛け
 
 稼働重量 8.6kg 機の落とし掛けです。本体の重さを上手く利用しコツを掴めば簡単に始動しました。エンジンが冷えてた状態で、しかもデコンブボタンを使用しないでも始動出来ます。
 デジタルイグニッションの為せるワザなんでしょうね。でも危険なので自分を含めて良い子はまねをしない様にしましょう・・

20Maki_W6.jpg
本日の獲物

 コロナウィルスが早く収束して落ち着いた作業が待たれますね~





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


5月下旬のストーブ+ピザ作り

  
 例年ですと風薫る5月下旬で一年で最も気持ちの良い季節を送るはずですが、このところオホーツク海に高気圧が居座り日本列島に冷たい北風を送り続けています。
 月曜日から土曜日まで連日雨降りで、気温も10℃台半ばの肌寒い日が続いています。こんな時はやっぱり薪ストーブでしょうね。
 およそ二月振りのストーブですが、ついでにピザを焼いてコロナ疲れの食生活を癒しましょう。きょうは3種類でしかもそれぞれ2セット合計6枚作ります。

20Maki_V1.jpg
いつでも良く燃える

20Maki_V5.jpg
3種類分のネタ

20Maki_V3.jpg
手慣れたものです

20Maki_V4.jpg
 
 左から
 ・きのこピザ  マイタケ、しめじ、エリンギにゴルゴンゾーラチーズ
 ・ペパロニピザ 辛いサラミソーセージ
 ・たけのこピザ 水煮たけのこ、輪切りオリーブにモッツァレラチーズ

 出来立てで八等分カッター目を入れておき、ラップにくるんで冷蔵庫に保存します。
 食べる時に電子レンジでチンして食卓へ。
 コロナ明けまでもう少しの辛抱だ・・



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


乾燥薪 移動

  
 昨年の春にかけて玉切り、薪割りをして現地で積み上げて乾燥していたケヤキとクヌギを自宅まで移送しました。
 手前には今年の1月に伐倒した玉のままのクヌギも蓄積してあります。

20Maki_U1.jpg


20Maki_U2.jpg
 
 乾燥が進んでおり重量はとても軽くなっています。作業していても楽で、積み込んでも荷台はあまり下がりません。

20Maki_U3.jpg
積み上げ
 
 来シーズン使用する時は2年物になります。良燃えるでしょうね。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


四街道 クヌギ林薪狩り 1回目

  
 コロナウィルスによる自粛で鈍った体調も、少しづつリズムが取れてきて復調気味です。
 五月も中旬となり湿度が低くカラッと晴れて気持ちの良い気候となってきました。
 今日は3月末にご案内した近隣市の伐採林で、地形条件が良く豊富な量があるのでしばらくの間通うことになります。今回は初めての原木採取で、諸般の事由からとりあえず私一人の単独作業です。

20Maki_T1.jpg
クヌギが多い 
 
20Maki_T2.jpg
中口径木
 
20Maki_T3.jpg
大口径木
 
 昨年秋の台風で倒木の恐れがあるために伐採されてから、半年以上経っているので結構乾燥が進んでいます。玉に切ってもそんなに重くはありません。比較的楽に作業できます。

20Maki_T6.jpg


20Maki_T4.jpg
本日の獲物
 
 単独作業の場合、家を出発して現場で作業をして帰宅する、全行程誰とも会いません。
 花粉飛散も少ないとの見込みで、マスクを外しての作業です。楽で良いですね。

 こんな感じで「独りモクモク」を続け、コロナウィルスの収束程度を見ながら仲間を集めてチームでやりましょう。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR