FC2ブログ

ジムニー新型車 発売

 
 小型なのに本格的クロカン性能を持つスズキジムニー、四駆乗りならば注目する車です。
 20年振りにモデルチェンジして新型車が発売になり、さっそく見に行って来ました。
 なお解説は私の偏見に満ちたものですから、一般的には参考になりません。

NewJimny_2.jpg
側面
 
 軽自動車規格一杯の外形寸法を確保した直線部の多い角ばった外観です。
 ガマガエルみたいな形をした小型SUVが流行る中、とても新鮮に見えます。
 極端にスラント ( 前傾 ) してなく、ほぼ平らなボンネットもいいですね~。

NewJimny_1.jpg  NewJimny_3.jpg
前面               後面 
 
 窓も大きくどの方向もしっかりと自分の目で見て走れます。特に自動車後方が目視出来るのが良いですね。近頃の車は窓が小さく、視認性が悪すぎます。
 下手をすると前方すら見えにくい車がありますね。 えっ、私の視力が落ちただけっ!?

NewJimny_6.jpg  NewJimny_13.jpg
運転席                   エンジンスターター

 運転席周りはシンプルで必要最小限な感じ、私はこう言うのが好きですね。また現代の車にやたら沢山付いている「小物入れ」もほとんどありません。いいなぁ、こういうの。
 四駆用副変速機は従来のボタンスイッチ式から、直接レバー式に戻りました。本格クロカンですからやはりこれですよ。

 頂けないのはエンジンスターターとリモコンドアオープナー。この携帯式の発信キーは防水性が全くない。海の男はウエットスーツの内側にキーを挟んで海に出ますが、潮を食うと一発で壊れます。使い物にならない。少数の海派の顧客の意見を聞いてよ・・
 
NewJimny_7.jpg
トランクルーム
 
 後部座席を前に倒すとフラットになる荷室が現れます。突起物も無くほぼ四角形の空間で、使い易そうです。

 ドアが2枚しか無く出入りが大変なのを考慮した上に、後席は狭く大人4人の長距離ドライブはきついでしょうね。しかも後席シートのペラペラ感は否めません。


NewJimny_12.jpg
サイドミラー
 
 四角いサイドミラーが良いです。
 軽自動車であるジムニーではそんな場面はありませんが、大きなトレーラーを牽引する場合エクステンションミラーを外側に追加する必要があります。既存のサイドミラーにゴムベルトを巻いて取付けますが、近頃流行りの外側に行くほど尖った三角形のミラーだとスポッと抜けてしまいます。
 スズキの設計陣が判っていたとは考えられませんが、良く出来ています。トヨタの新型ハイラックスでさえ三角ミラー採用でがっかりしました。 

 左側サイドミラーの下側に付いたアンダーミラーは何でしょうか? 運転席からは良く見えません。

NewJimny_4.jpg  NewJimny_5.jpg
エンジンルーム               雨受けモール
 
 私の認識不足でした。エンジンはインタークーラー付きのターボエンジンでした。どうりでパワーがあると思った。エンジンルームに部品がびっしりと詰まって配置されていて隙間が全くない、と言う事はなく多少の余地があります。自分で手を入れてメンテナンスする時に有効でしょうね。

 カタログでも旧型への回帰を謳っていますがその一例が雨受けです。近年の車は殆どが屋根の途中に凹みを入れて、ここで雨を受けていますが、新型ジムニーはふた昔前の手法「レインモール」を採用。これが素晴らしい。
 前後のルーフキャリアの間隔が大きく取れて、長い荷物でも安心して積めます。さらに脚の取り付けが格段に楽で信頼性がありますし、自作も簡単でしょう。アウトドア派にとってはルーフキャリアって結構重要なのですよ。



 最後に車枠のチェックです。


NewJimny_14.jpg
カタログから
 
 本格クロカン四駆にとって「梯子車枠 ( ラダーフレーム )」は必須アイテムで「命」とも言うべきものです。逆にどんなに四駆性能を謳っていてもモノコック車はクロカン四駆にはなり得ません。ジムニーは立派なフレームを持ってますね。
 梯子の胴木部材 ( 左右両側の縦材・サイドレール ) は鋼板をプレスして形鋼に生成し、上物と下物の合間を縫う様にぐにゃぐにゃ曲げています。鋼構造物の設計に携わっていた者としてはちょっと頂けないかなぁ、応力が複雑になるのでもう少し直線にしたかった!?
 
HiluxLaderFrame_1.jpg  SmallTruckLaderFrame_3.jpg
ハイラックスのフレーム      大型トラックのフレーム

 写真右側の大型トラックのラダーフレームはその名の通り梯子形をしており、全くの直線を呈しています。荷台が平らですからこの形状が可能で、これが構造上一番強度があります。
 左側は新型ハイラックスのものです。やや大型になるので設計上の余裕が増え、曲げ区間が最小で済んでいます。 

 ジムニーのフレームで特筆すべき点は梯子の桟木部材( 左右の胴木を連結する横部材・クロスメンバー ) 9本のうち7本までが鋼管パイプを用いている事です。私と同じパイプ構造の好きな者が設計しているのか?或いは経済的理由か?
 ちなみに私の自作ボートトレーラーの車枠も胴木は角鋼管、桟木は丸鋼管を使用しています。

 色々な小細工も軽自動車の規格寸法内に全てを収めるには仕方ないんだろうね・・

NewJimny_9.jpg
梯子車枠前部

 車枠最前列はプレス生成の溝形鋼の様な桟木になっています。左右の胴木以外に2か所のステー状の支えがあり、エクステンションに対して十分な強度があることが伺えます。ここいら辺はスズキ設計陣が、「何が必要か、何が望まれているか」を知り尽くしている感があります。
 
NewJimny_8.jpg
ボルト止め式追加クロスメンバー

 更に不思議なのはXメンバーのひとつ前の「追加クロスメンバー」が胴木にボルト止めであること。エンジン部品の付け外し作業のため、桟木を脱着する必要があるのか?

NewJimny_15.jpg
後輪コイルスプリング
 
 これも私の認識不足でした。ジムニーって後車軸は板ばね( リーフスプリング )だと思っていました。前の代からトレーリングアーム+コイルスプリングだったそうです。基本は乗用車ですものね。


NewJimny_11.jpg
梯子車枠後部

 車枠フレーム前後端に牽引フックが溶接されています。ここいら辺を手を抜かないところが立派です。


 色々好き勝手述べましたが、想像通りの良さそうな車でした。定価で 153~198万円です。
 私の車人生「オーラス車」候補の一つに加えましょう。







ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

スポンサーサイト

稀種 車載トレーラー

 
 2年前に車検場で見かけた車載トレーラーに出くわしたので、追いかけて行って写真取材です。場所は同じ千葉の車検場で、前回はフェラーリを積んでいましたが、今回はマセラッティー4台です。

CarCarrier_10.jpg
SCANIA製

 車台はスウェーデンのSCANIA社製で、荷台はイタリアのROLEO社製です。

 千葉港に陸揚げされた高級外車をここ千葉陸運支局車検場に運び込み、予備車検を受けて日本各地に売られていきます。各地では登録だけですね。

CarCarrier_11.jpg

 
 後輪の後ろに連結装置がある「フルトレーラー」ですが、セミトレーラーばかりの日本では珍しい型式の上、随所に仕掛けがあるのでブログに取り上げました。

 油圧シリンダが多数付いていて、車を積み込む面「プラットホーム」は積載の状況によって伸び縮みします。操作盤でレバー1本の操作です。

 男の子は幾つになっても機械の仕掛けが好きなものですよ。 えっ、私だけ?


CarCarrier_7.jpg  CarCarrier_6.jpg
前面            後面

 最初は付いていなかった後面の三角反射板は、日本の法律に従ってオーナーが自分で設置したそうです。私のと同じ物が付いていました。


CarCarrier_4.jpg
ヘッド車後輪

 ヘッド車 ( トラクター ) の後輪は2軸ですが、なんと前後で直径が違います。

CarCarrier_3.jpg  CarCarrier_12.jpg
 連結部               最後尾
  
 ヘッド車後輪の直ぐ後ろに連結装置があります。日本のトレーラーは第五輪に連結している物が大部分で連結・取り外しは簡単ですが、このトレーラーは連結したままです。
 四角形のチューブの先にドローリングが付いており、ここに連結ピンが嵌まるようになっています。驚いた事にこの四角いドローバーはトレーラーに伸縮自在になっており、これも油圧シリンダで積む台数に合わせて操作します。
 たまに車の写真を撮る人は居るそうですが、イの一番に連結部の写真を撮ったのは私だけだそうです( オーナー談 )

 10年前、私が自作のボートトレーラーで車検を取った時に、伸縮式のドローバーで申請し、固定式に指導変更された事が思い出されます。

 
 最後尾の荷台プラットホームもまた伸縮自在で、油圧シリンダを介して出てきます。
 全部の伸縮装置を伸ばして荷台を最大長にすると車両全長は21mになるそうです。




CarCarrier_0.jpg
アメリカ版トレーラー
 
 上の写真はアメリカ・ニューヨーク近郊で見掛けた車載トレーラーです。SCANIA車と同じく後輪の後ろに連結装置がある「フルトレーラー」ですが、荷台の長さ方向は固定式でシンプルです。







ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

街で見かけたハイラックス その11

  
 新型ハイラックス( 通算8代目 ) が発売されてから8ヶ月経ちますが、この辺りではとんと見掛けません。今日見つけたのは北米版ハイラックス「Tacoma ・タコゥマ」です。通算6代目で私のハイラックスと同じ世代、もちろん左ハンドル。

Hilux1801_1.jpg
黒のエクステンドキャブ
 
 殆どオリジナルの二駆です。


Hilux1801_2.jpg
排気管の向きに注目
 
 排気管の向きが右下側に出口を向けている所に注目。アメリカ仕様のままです。

 日本では見ないメーカー不詳のホワイトレタータイヤ、フェンダーにステンレスのトリムが入っています。


Hilux1801_3.jpg
リアビュー

 
 後ろ側の窓は一枚物の嵌め殺しです。リアステップバンパーもオリジナルのままです。
 
 荷台の内側は硬質プラスチックのベッドプロテクターが張ってあります。

 サーフボードを荷台に無造作に放り込んで、西海岸を走ったら絵になるんでしょうね!



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい



ヒッチレシーバー増設

  
 一般的な小型自家用車のヒッチと言ったら、後ろの中央部に1ヶ所でトレーラー牽引で公道走行用でしょうね。私の場合は伐採現場での薪割り機牽引移動が加わります。
 ランクルのようなパートタイム四駆車の場合、ごく稀にフロントヒッチを取り付けて前向きでボートトレーラーをスロープでの揚げ降ろしをすることもあります。やはり運転者が直接目で見て操作するのが一番です。 
 

Hitch_6.jpg
愛車のリアヒッチメンバー
 
 頑強なことで定評がある車枠に直接ボルトオンしてあります。
 中央のレシーバー( 黄色矢印 )はオリジナルのヒッチメンバー。主にトレーラー牽引用
 右側のレシーバー( 赤色矢印 )は自分で取り付けた増設レシーバー。  足掛け用。

Hitch_3.jpg
ボートトレーラー牽引
 
 当然ながら車検では 950条登録をしており、相手を問わず総重量 1,990kg までのトレーラーならばキャンピングトレーラーでもボートトレーラーでも何でも牽引可能です。
 私のボートトレーラーは普通車登録なので結構全長が大きく、牽引走行時は法令制限長 12m近くなります。

Hitch_4.jpg  Hitch_5.jpg
薪割り機牽引           足掛け
 
 ハイラックスは荒地走行性が高いので、不整地での薪割り機移動はお手の物ですね。

 自宅のガレーヂの寸法が狭いので、オリジナルのリアステップバンパーを取り外してしまいました。その為荷台への乗り込みが出来なくなったので、新規に足掛けを設置しました。アドオンメンバーとしては一番出番が多い部品です。

Hitch_0.jpg
フロントヒッチメンバー
 
 自作ですがこれも車枠に直接ボルト止めしています。
 左右ふた口とも応力はストレートに車枠に伝達します。


Hitch_2.jpg  Hitch_1.jpg
長物積載用の鳥居          自作除雪機
 
 除雪機は私の住む南関東では活躍する場面が滅多にありません。今年の冬は3年ぶりに出動しました。

 アメリカ北東部ではピックアップトラックで除雪することは一般的です。
 フロントヒッチメンバーが普通に市販されていて、ワンタッチで除雪機と連結できます。


Hitch_7.jpg
今回増設したヒッチレシーバー

 今までリアメンバーには中央と右側にしかレシーバーがありませんでした。
 それでも車1台に4口も付いていれば十分過ぎる数ですが、今回は空いている左側にもレシーバーを増設しました。

 それで左右対称となったヒッチレシーバーを利用して、揚重装置を作製しようと計画しています。現在クレーン型かゲートリフト型か、どちらにするか思案中です。



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

街で見かけたハイラックス その10

  
 先月初めから販売開始を始めた新型ハイラックスピックアップですが、一向に市中には出回ってきません。
 一説には注文から6か月後に納車とか言われています。
  ( 発注も、購入の検討すらしていない私が気をもむのも変な話ですが ) 

 そんな中、意外なところで見付けました。国道16号沿いの大型中古車センターです。ここではランクルなどの四駆を多数扱っています。



Hilux1743.jpg
両方ともZグレードで

Hilux1742.jpg
後の車 2インチリフトアップ

 前の青い車はカタログのままラジオもナビも付いていません。
 価格374万円です。

 後の黒い車はナビ、ETC、BF_Goodrichのオールテレーンタイヤに履き替え、車高を2インチアップしています。価格420万円です。


Hilux1741.jpg


 トヨタの販売店とは異なり、お金さえ支払えば直ぐに乗れます。
 現行版のハイラックスに乗っている私を見つけて、営業マンが飛んできました。脈がありそうな客に見えたかな?
 現行版からの乗り換えは別として、新規購入する人たちはどんな層なのでしょうか?
 薪集めをする人はそう多くないと思うし、ましてボートトレーラーを牽く人は滅多に居ないでしょうし・・

 ただし現行車の燃費 6km/ℓ に比べたらディーゼルで 10km/ℓ オーバーは魅力ですね。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR