おいらのシャンプー

 

 暮れのせまった今日、お父さんがおいらをシャンプーしてくれました。暖かい季節は家の庭で水道水を使って洗ってくれますが、寒い季節はホームセンターの温水シャワーです。

Shampoo_1.jpg  Shampoo_2.jpg
ユニットシャワールームです         お父さんはレインコートを着ています

 シャワー台を下げておいらはピョンと飛び乗ります。 何度も来ているから慣れてるんだ・・・ お父さんがお湯の温度を調節して、体に掛けてくれます。 これが結構気持ちいいんだぜ~
おいらが時々体をブルブルして水を撒き散らすので、お父さんは雨合羽上下を着て長靴姿です。たまに小型犬を洗う人に笑われているみたいです。


Shampoo_3.jpg  Shampoo_4.jpg 
のみ取りシャンプーを使います           最後に洗い流します

 毛足が短くてもおいらは大型犬なので結構時間が掛かります。
シャンプー液でゴシゴシするだけでも10分くらい掛かります。 でシャンプーが終わったらまたシャワーで洗い流します。
耳の中にかけないでねっ



Shampoo_5.jpg
温風ブロアー

 最後はドライヤーで乾燥させます。 これもマジで気持ちいいんだ。
全行程で40分、1,000円も掛かるんだってさ



Shampoo_6.jpg  Shampoo_7.jpg
おふとん                 電気アンカ 

 おいらがいい子にしていたので、お父さんから早めのお年玉をもらいました。
今まで使っていたものはおいらのヨダレで湿気て汚れていたので、新品を買ってもらいました。
それと犬用のアンカです。あまり熱くならず、少々手荒く扱っても大丈夫なんだそうです。

 おいらはもう10歳半で大型犬なので、人間で言ったら立派な高齢者なんだって。それでお父さんが少しでも快適に過ごせるようにって用意してくれたんだ。
 お父さん有難う・・・・・



ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村
↑ポチっとクリックして下さい



スポンサーサイト

薪ラックプレゼント搬入

 
 プレゼント薪ラックの搬入をしました。
意識した訳では無いのですが今日はクリスマスイブです。
 友人はイギリス出身で築百数十年の古民家に住んでいます。何と周囲の山林と谷を含めて四千坪が彼の敷地で、薪は自前で済むと言ううらやましい環境。あぁなんという環境・・・

MiStove_1.jpg  MiStove_3.jpg
広大な母屋                パドルファンを二基設置

 現在はトタンの瓦で覆われている藁葺きの壮大な屋根を貫通して煙突が立ち、ほとんど透明の紫煙が立ち上っています。煙突トップの外筒は何と銅製の特注品です。
 
改装された室内の高い天井には太い梁がむき出しで、パドルファンが二基も設置してありました。これで暖房効率が格段に上がるでしょう。

 

MiStove_2.jpg  デファイアントストーブ

 アメリカ バーモントキャスティングス社の製品では最大のデファイアントストーブです。
色もよくある艶消しブラックではなく、落ち着いた琺瑯びきレッドです。
触媒を使い燃焼効率を極限まで高めたモデルで7~80畳を暖めるスーパーストーブです。
  投入可能な薪サイズは60cmで、12時間も燃え続けるそうです。
煙突は直径8インチ(20cm)で全区間二重スキンの間に断熱材の入り、一直線に立ち上がったドラフト効果の素晴らしいこれまたスーパー煙突でした。

MiStove_4.jpg 
 早速薪ラックを置いてみました。長さ高さとも70cm、幅35cm、部材はムクで太さD16mmあるためサイズ的には負けていませんでした
 バーモントキャスティングス社のストーブはアメリカ北東部の建築様式ニューイングランド形式を採用した外観になっているため、今回薪ラックに取り付けたロートアイアンのアラベスク模様がバッチリ合い調和していました。
 ここが一番心配していた点でしたが何とかクリアしたかな・・・


MiStove_7.jpg  ランチの食卓

 赤いデファイアントの前でいただくランチなんて、お洒落でしょう?



MiStove_5.jpg  MiStove_6.jpg
乾燥2年もの              トラック1台分

  裏山で乾燥2年ものの薪をトラックに1台分おすそ分けいただいて、帰って来ました。

 素晴らしいストーブを体験できてなかなか楽しいクリスマス前日でしたが、ちょっとまずいことになってきました。自分でもいいストーブが欲しくなってきたのです・・・・・
 うちのストーブはもう11年焚いているため火室内がボロボロになってきているしね~


ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村
↑ポチっとクリックして下さい




プレゼント用薪ラックの製作 後編

 
 前回途中まで作ったサイドパネルを完成させました。

LogRack1216_1.jpg  LogRack1216_2.jpg  
  ストーブツール掛けフック付きパネル

 サイドパネル間を太い鉄筋で繋ぎます。最大の電流でバリバリ気持ちのよい作業です。
冬の溶接は夏場と違って汗ダク地獄って言うことはありません。

WeldingGift_2.jpg
あいも変わらない溶接風景です。

Bead_2.jpg  BearRack_1.jpg
太物溶接はビード(溶接痕)も安定                       完成です                    ,

 今までに30数其の製作実績のある定番タイプに比べてほぼ2倍の大きさがあり、使用部材も1ランク上の材料を用いたため作業工程も倍の時間が掛かりました。 
 これから塗装工程に入ります。

UntiRustPaint_1.jpg  TopCoat_1.jpg
    錆止め塗装(紅殻色)を先に行います。   一日置いて上塗り(艶あり黒)を塗ります。

 アラベスク模様のロートアイアン部品は複雑な形なので塗装ハケが入りづらく、時間を置いて本体をひっくり返して塗る必要があります。


  GRack.jpg
完成

 結構大型で重厚感のある作品に仕上がりました。これだけ大きいとデファイアントとかビジラントクラスの大型ストーブでないと似合わないだろうな・・
 下手すると我が家のストーブより大きいかなぁ

 
Bead_3.jpg  RubberShoe_1.jpg
ビードが良いと塗装もよく乗る             ゴムシュー      '   

GRack_2.jpg
アラベスク模様のロートアイアン


ToolHook_1.jpg  ToolHook_2.jpg
ツールフックは貫通穴を一旦通して裏側から溶接しています(芸が細かい!)

 さあ、あとは運び込むだけです。
先方のストーブ本体や部屋の雰囲気に調和してくれるかなぁ・・   ちょっと心配です・・・



ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村
↑ポチっとクリックして下さい






今年一番の寒さ

 
 ここのところ北日本、日本海側は軒並み雪ですし、北海道では大雪で3,4日停電した地域もありました。ここ南関東でも今朝は今年一番の寒さで、ポロンとの朝の散歩では思わず身が縮まってしまいました。

12Winter_121.jpg  12Winter_122.jpg
霜です                 初霜柱です

12Winter_123.jpg  12Winter_124.jpg
   霜柱をバックに             野球グラウンドの初氷です

 例年ですと初霜→初霜柱→初氷と、順を追って来るものが今年はいっぺんにやって来ました。


12Winter_125.jpg
モミジとイチョウ

12Winter_126.jpg 
ケヤキとイチョウ

 公園の落葉樹もきれいに紅葉しています。一面が紅葉に覆われる高山のようにはいきませんが、黄色・褐色・赤と それぞれが競い合っているようです。

12Winter_127.jpg 
黄色い絨毯の真ん中で

 ポロンは落ち葉が大好きです。
落ち葉で一杯になった側溝の中を歩いてはカサコソ言う音を楽しんでいます。


12Winter_128.jpg 
今年も来たな~

 公園の池にはいつもの通り北国から渡り鳥がやってきて賑やかです。
元からの住人であるガチョウや鯉を押しのけて餌をあさっています。
今年も寒い冬にまっしぐらです・・・


ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村
↑ポチっとクリックして下さい 


プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR