FC2ブログ

おいらポロンから「ありがとう」


 
 おいらポロンは去年の6月に10歳になり、今10歳半です。この家に来て10年が経ちました。  いつも優しくしてもらうお父さんとお母さんに、あらためてお礼を言います。

  Gohan_1.jpg    Bone_2.jpg 

・毎日三度々のご飯ありがとう。 いつも美味しく食べてるよ。 たまに骨もありがとう。

Sanpo_1.jpg   MorningFog2.jpg
緑の多い道              朝もやの中

ame_1JPG.jpg   Snow2.jpg
雨カッパを着て                雪の中

・毎日朝晩散歩に連れて行ってもらってありがとう。
 雨が降っても、雪が降っても、台風が来てて風が強くても、暑くても寒くても連れて行ってもらってありがとう。
 ぐでんぐでんに酔っ払って帰ってきても、連れて行ってもらってありがとう。
・今は歳をとってしまったから朝晩で6,7kmしか歩かないけど、若い時は1日10km位歩いたよね。おかげで贅肉の無い体格が維持出来てるよ。


WarmHouse.jpg   DannetsuBariken.jpg
日当たりの良いハウス                 断熱材張りバリケンネル 

・快適な寝床を用意してもらってありがとう。
 外のハウスは日当たりが良くて冬でも中はポカポカしているよ。
 屋内のバリケンに断熱材を貼ってもらったり、電気アンカをありがとう。 


Swimming5.jpg
泳ぐスピードはおいらのほうが早いよね・・


  PolongSailing_5.jpg
ヨット犬って珍しいんだぜ!


・いつも一緒に遊んでもらってありがとう。
泳ぎが好きなおいらをよく海へ連れてってくれるよね。


Yatsugatake.jpg   Boshu_1.jpg 
八ヶ岳山麓             南房州のペンション

・いろいろな所へ連れて行ってもらってありがとう。
 おいらドライブが好きだし、ワンコOKの宿は大好きさ



Polong_1.jpg   Polong_2.jpg

・いつも話しかけてもらってありがとう。おいら人間語は話せないけど、お父さんお母さんの言っていることは全部判っているよ。



Inenten_2.jpg 
開腹手術縫合跡
 
・6年前の今頃冬の寒い朝、散歩から帰って朝ごはんを食べ終わった時に起きたんだ。
 あの恐ろしい「胃捻転」においらが掛かったんだ。でもお母さんが直ぐに異変に気がつき、
 お父さんが30kmも離れた街にある設備の整った大きい動物病院に連れてってくれたんだ。
 マークⅡの後ろ荷台でおいらは虫の息だったんだって。
 事前に連絡をしておいたから病院で直ぐに手術して捩れた胃を元に戻し、今後再発しないよ
 うにワイヤーで吊ってくれたんだ。
 

 大型犬にとって胃捻転って致死率90%を越える恐ろしい病気なんだって。
 あのテレビ番組「ぽちたま」のだいすけ君だって胃捻転で死んだんだぜ。街のペットショップや犬猫病院でも、胃捻転で助かったのを見たことが無いって言うぐらいなんだ・・
 だからお父さんお母さん、本当に本当にあの時はありがとう。



ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村
↑ポチっとクリックして下さい


 

スポンサーサイト

スノーマン

 
 関東地方は昨日雪が降り、私の住む南関東の平野部でも10cm近くの積雪となりました。
ポロンも若い頃は雪が積もると、童謡にあるように「~犬は喜び、庭駆け巡り~」で広場を駆けずり回っていましたが、10歳を過ぎたこの頃は普段と同じです。

SnowSpike_1.jpg  SnowSpike_2.jpg
スノースパイク            こんな風に装着します

 散歩は早朝ですから道路はカチンカチンに凍結しています。滑らないようにブーツにスパイクを取り付けて行きます。
 それにしても犬って滑らないんですかね? 足は冷たくないんでしょうか?
ポロンは雪の中でも、雪の中の水溜りでも裸足のまま歩いてます・・・

 そう言えばアメリカの誰かが自分の飼い犬(確かビーグルだったような)が氷の上でも滑らないのを見て、犬の肉球を真似した靴底模様をデッキシューズに採用した話がありますよね。


Snowman_5.jpg 
桜の樹林

 いつもは散歩する人と犬が結構居る公園の林も広場も、誰も居ません。貸切状態です。



Snowman_1.jpg
普通の雪だるま

Snowman_3.jpg
造形的?な 雪だるま

 ポロンは雪だるまがを不審に思ってしきりに匂いを嗅いでいます。
上は一般的な雪だるまですが、下のはかなり面白い形です。耳や鼻がちゃんとあり、かなり出た目もあります。 しかも胴体部分に「 I LOVE スノー」と書かれています。
 
 誰かが夜中に作ったんでしょうね。



ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村
↑ポチっとクリックして下さい

セーリングウェア&ギア 寒い季節編

 
 明けましておめでとうございます。
昨年5月からはじめたブログもなんとか年を越すことができました。
本年も稚拙な文章にお付き合いくださいますようお願いいたします。

 
 お屠蘇気分も抜けない今日5日、セーリング初めです。

13NewYear_1.jpg  13NewYear_2.jpg
まずは無事故を祈念してお神酒を一杯               気温は4゜C    '

 年末年始寒波で気温4゜C 北風3~5mの凍えそうなコンディションの初セーリングです。
この時期になると「水温のほうが気温より高い」と言う事はありません。ただ寒いのみです。

ここで 9月29日付けブログでご紹介したセーリングウェア
「こんなものを着用しています(後編)」で 「保温性ここに極めり」と言ったウェアを紹介いたします。


13NewYear_3.jpg   13NewYear_4.jpg  13NewYear_5.jpg 
フルウエットスーツ      ドライスーツインナー   ツーピースドライスーツ 


 フルウェットスーツ:ネオプレンゴム素材で出来た長袖長ズボンのワンピースまたはツーピースです。生地の厚さは4mmまたは5mmが一般的です。
ネオプレンゴムの内側と人体の間の薄い空間に水が入り、温水となって保温する仕組みです。
最初は冷たくて完全保温という訳ではないので、体力のある若者向きです。

 ドライスーツ:防水性フィルムの外側に布をラミネートした素材で出来た長袖長ズボンのワンピースまたはツーピース。それ自体に保温性は無いが、防水性と遮風性に優れています。 
 袖口、足首と首の部分に柔らかいゴムで出来た防水性シールで浸水を防いでいます。ワンピース型では体を入れる部分に大型の防水ジッパーを設けていますが、この二つの部分が構造的に弱く数年おきに取り替える必要があります。

 ドライスーツインナー:フリース下着の上にニットのタイツ、オイルドセーターを着用。
「オイルドセーター」って聞いたことありますか? 
刈り取った羊毛を晒したりして脱脂することなく、そのまま紡いで編んだセーターのこと。
羊の脂分が糸に残るため、それ自体で保温性・撥水性に極めて優れているのです。

OiledSwetter.jpg
オイルドセーター

 欠点は毛糸が滑らず編むことが大変に難しいため、余り生産されておらず高価で入手が困難であること。ちなみに私のものはイギリス領ガンジー島産です。
また染色が乗らないため「生成り」かネイビーしかなく、色落ちも激しいこと。
 さらに決定的な短所はその臭いです。羊そのままの臭いがいつまでも続き、まるでジンギスカン食堂のような臭いです。それを空気を閉じ込めるドライスーツの下に着用し、数時間動き回って脱いだ時って想像できます?
 それでも着用し続けるのはやっぱり格段に暖ったかいからです。今のものは二着目で、前のものは20数年ボロボロになるまで着用しました。


 今日は風も弱く波も無くただ寒いセーリングでした。

13NewYear_6.jpg 
トラピが筆者

13NewYear_7.jpg 



ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村
↑ポチっとクリックして下さい


プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR