FC2ブログ

サマーキャンプin浜名湖2015

 
 私の所属するヨットチーム最大の行事となっているサマーキャンプ、今年は昨年に続き静岡県浜名湖を舞台に挙行されました。

15Camp_14.jpg  15Camp_16.jpg
平坦部              登坂車線

 湾岸→首都高→東名を乗り継いで稲毛ヨットハーバーから5時間 ( 実走行のみ ) で浜名湖ベースキャンプに到着です。秋のシルバーウィークを微妙に避けているため渋滞は全くなく快適なドライブです。

 道路交通法規上トレーラー牽引走行は一番左側車線を走行し、最高速度は 80km/hr と決められています。ハイラックスの牽引力は十分過ぎるものがあり、追い越し車線を100kmオーバーで楽に巡航できる能力がありますが、ここは法令遵守で行きましょう。

 ハイラックスのカタログ上燃費は8.3km/ℓ です。普段の街乗り燃費は6.0km/ℓ 程度の非経済車です。おまけに5人乗客でも、荷物満載でも燃費があまり変わらない車です。それが今回の遠征では8.0km/ℓ を示しました。80km/hr 定速走行の賜物でしょうね・・・


15Camp_17.jpg  15Camp_15.jpg
後ろ窓からトレーラーを見ると         浜名湖西岸ベースキャンプ到着

 自作ボートトレーラーは製造新車登録して今年で7年目です。構造が超簡単なため故障は殆どありませんが、錆による腐食が全体に及んでいます。メッキによる防錆処理がなく、油性ペイントを塗っただけです。
  毎年車検前に塗装を行っていますが、いかんせんハーバーのボートヤードに置きっ放しです。海水による腐食から外側は塗装により守られていますが、内側からかなり進んでいる模様です。

 テストハンマーによる打撃検査ではズボッと穴が開くことがあります。構造検討の建前上毎年0.2mmの腐食が進行する計算でしたから、そろそろ危険な肉厚になる頃です。今回が最後のトレーラーキャンプになるでしょうね。



15Camp_9.jpg
集合写真

 今回は参加人員7名、陸送トーネード1杯+陸置きモノハル1杯の参加です。
天気には恵まれましたが、風がいまいち。二日目の夕方に多少吹いたのみ。


15Camp_7.jpg  15Camp_3.jpg
コーチングボート

 昨年同様和船をコーチングボートにレンタルしてサポート用に活躍です。


15Camp_5.jpg  15Camp_6.jpg
ホビーキャットのプレレース         礫島回航


 これも昨年と同じ、ホビーキャットのレースに遭遇。風が弱いため今年は見ているだけにとどめました。
礫 ( つぶて ) 島、浜名湖唯一にして随一の景勝ははずせません。弱風にも関わらず、スキッパーが代わる毎に回航します。


15Camp_10.jpg
パラセールとトーネード

 モーターボート牽引のパラセールとの遭遇です。リゾートならではの光景ですね。
稲毛でも飛行機レースがやれるくらいですから、これもやれるでしょうね。



15Camp_11.jpg
ホビーキャットのカラフルセールをバックに(筆者)


15Camp_13.jpg
秋の空

 
 台風が次から次へと日本列島に襲い掛かってきますが、もう空はすっかり秋模様です。筋雲の広がる中、近くの自衛隊基地の飛行機が引くトレース雲が綺麗な模様になって行きます。



15Camp_12.jpg  15Camp_2.jpg
陸置きモノハル艇                           '


 初秋の浜名湖を存分に楽しんだ三日間でした。




ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

高級電気自動車

  
 先日所用で地元陸運事務所を訪ねた時の光景です。

車載トレーラー3台に各4台、合計12台の白と黒の自動車が新規登録をしていました。
右ハンドルですが、私のハイラックストラックに比較しても結構大型の外車です。
私は特別外車に詳しいわけではありませんが、どうも怪しい車です。



Tesla_1.jpg
車載トレーラー運搬
 
 サイドビューは今流行りの空気抵抗の無いぬっぺりしたフォルムです。
サイドミラー以外の突起物は全くありません。雰囲気はなんとなくマツダの車に似ています。


Tesla_2.jpg
サイドビュー


Tesla_3.jpg   Tesla_4.jpg
フロントビュー                リアビュー(左上ハイラックス)


 いくら考えていても埒が明かないのでこの車の販売店の人と思しき人に聞いてみました。すると
「テスラ」Tesla と言うアメリカ製の最新型電気自動車だと言うことが判りました。

  親切にも車内を見ても良いとのこと。恐る恐るドアを開けてみると ( ドアは普通に開きました ) 普段見慣れた車内とはどうも勝手が違います。特に私の愛車は2001年のトヨタハイラックスですからメーター等はすべてアナログで針が回転して動くやつです。近年のハイブリッド車のようなデジタルメーターはまったくなじみません。


 ハイラックスは変速機レバーだってオートマチックメインスティク1本と、四駆モード選択レバー1本の計2本あります。
この車はそんなものはありません・・・・



Tesla_6.jpg
運転席周り


テスラ ホームページから


 コンソールに巨大なディスプレー ( 18インチ位の縦型 ) があり、ハンドル前方にもメーターパネルディスプレーがあります。
 アクセルとブレーキペダルはあります。その他の操作レバーやボタンが一切見当たりません。???
こいつはどうやって操作するんだろう!?

 販売店の人の言うには基本的には自動運転で、タッチパネルへのタップと音声指示で運転するんだそうだ!! 
「右へ曲がれ」と命令すれば右に曲がるんだー!!
私のように歯が抜けていて上手く発音できない人や、方言の強い人はどうするんだ?
それ以前に日本語で良いのか?


 自宅又は自社での充電が基本で、200V,100Aが必要だそうだ。


Tesla_5.jpg
モデルS  タイプP85+

 このタイプだと 定価で 13,690,000円だそうです。どうですかお客さん!


ちなみにテスラ日本のホームページは→  http://www.teslamotors.com/jp/










ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい


続きを読む

プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR