FC2ブログ

除雪機製作 その9 アングルアーム

   
 雪は無いもののスノープラウを取り付けての実車走行実験の結果、特別の不具合はありませんでした。部材寸法等の不明なヶ所は推定で規格や寸法を決めて製作しましたが、すべての部品が想定通りの作動をしてくれました。

 そこで今回はバージョンアップとしてアングルドーザーを製作します。今までの除雪板は進行方向に直角に取り付けていました。これを左に2~30゜回転させて、除雪した雪を左の路側に排除するものを目指します。

Angle_7.jpg
目標はこのタイプ


 スノーブレード ( 除雪板 ) は今あるものを使い、受け桁とアームに角度のある物を新規に作ります。便宜上「アングルアーム」と呼びましょう。今日の作業はまず「受け桁」を作ります。これは今年の一月に作ったやつと全く同じものです。


Angle_1.jpg
材料

角形鋼管 □75×45×t2.3 L=1,000、 ホームセンターで購入 除雪板の受桁です
鋼板 ( フラットバー ) W=50、t=4.5 ベアリング ( 軸受け板 ) を切り出します



Angle_2.jpg
溶接風景

 除雪板受け桁 ( うけけた ) の両端部および中央部に切り出したベアリングを溶接します。ベアリング板二枚の隙間に除雪板補強版 ( リブ板 ) に明けた穴をはめて、軸を差し込みます。これで除雪版のみがフリーで縦方向に回転します。


Angle_3.jpg
本日のビード ( 溶接痕 )


Angle_4.jpg  Angle_6.jpg

Angle_5.jpg
除雪板との取付状況


 今年の作業はこれで終了。続きは来年に行いましょう。

次回はストレートアーム同様に、単管パイプで腕材を取り付けます。





ブログランキング参加中         
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい       

スポンサーサイト

天赦日と王子稲荷

  

 昨日所用のため東京都北区役所の区民事務所へ行ってきました。ここの窓口で ある許認可を受けたのですが、その待ち時間が一時間以上掛ると言う。
 窓口の係員の曰く 「普段の数十倍の申請があります」

 なんと当日は 『天赦日(てんしゃにち)』 と言って一年間で二、三日しかない吉日だそうで、待合室は婚姻届を提出する若いカップルで溢れていました。当然ですがアツアツのカップルが数十組も居るため、館内は暖房が要らないくらいに暑くYシャツ姿の係員もいます。


Oji Inari_8
ごったがえす待合室


 私はと言うとそんな所で一時間も待てる訳もなく、以前から行ってみたかった近くの「王子稲荷神社」へ参拝です。
 区役所からは歩いて5分、『 王子の狐 』 伝説と言うか物語と言うか、で有名な神社です。
落語としても有名で、多くの噺家が高座に挙げています。



Oji Inari_1    Oji Inari_2
楼門                                        脇にある鳥居



Oji Inari_3
拝殿


Oji Inari_4   Oji Inari_6


 拝殿から奥に登っていくと「キツネ」が沢山出てきます。
さらに奥に進むと『 御石様 』 と呼ばれる神石があります。手で持ち上げてみて軽く感じたら「満願成就」で願い事は叶う、重く感じたら「まだ努力が足りない」と説明があります。

 特別に願い事をしないまま持ち上げてみました。重く感じました。
まだ努力が足りないんですね・・ 今少しがんばりましょうか。


Oji Inari_7
『 御石様 』 の説明


Oji Inari_5
『 御石様 』


 ずらり並んだキツネの置物に守られて 『 御石様 』 が鎮座しています。持ち上げた感じでは重量40kg程度です。注意書きには 「腰を抜かさぬように留意のこと」 とあります。




落語 「 王子の狐 」 26分間





 この話題とは全く関係ありませんが、私の母方の祖父母は当地王子の出身です。私の子供のころにはこの王子神社の近所に、戦災に焼け残った家も残っていました。

 その祖母が私に話してくれた話では、祖母が幼かった頃 ( 明治時代中期 ) には、この一帯は水田で、なんと 『 トキ 』 が沢山飛んでいたと言うことでした。





ブログランキング参加中         
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい       





初冬のセーリング2015

  
 昨日、一昨日と時ならぬ強風に見舞われた日本列島ですが、今日は午前中微風で風待ちをするくらいでした。それでも昼からは南西が吹き出し一気に7~8m/秒に上がりました。
 稲毛では晩秋から初冬の西は鬼門です。風速は一瞬で20m/秒まで吹き上がり、事故の元となります。めったに沈 ( 転覆のこと ) をしないトーネードですが、私達の完沈はこの時期に集中しています。

 今日は波高0.5~1.0mでウネリも入り、結構ラフなコンディションです。
落水しても体温を維持できる夏場とは違うので、十分な注意が必要ですな。


15D1Sailing_2.jpg
15D1Sailing_1.jpg

 中~強風にウネリが加わって、エキサイティングで楽しいセーリングです。


15D1Sailing_8.jpg
バウ(船首)

 15D1Sailing_3.jpg
スターン(船尾)


15D1Sailing_4.jpg

 なんだかんだ言ってもそこは強風志向のトーネードです。
8mも吹けば飛ぶように走り、自然と微笑がこぼれてきます・・・






ブログランキング参加中    
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ      
にほんブログ村    
↑ポチっとクリックして下さい

プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR