FC2ブログ

シボレー・インパラ 3台揃い踏み

  
  今年の6月に1959年型のシボレー・インパラをご紹介しましたが、今回はなんと3台まとめてご紹介します。
 3台どの車もピカピカに磨きあげられています。

ChevroletImpala_15.jpg


ChevroletImpala_16.jpg
1962年型 2ドアハードトップ
  
 6月は北総地域で見つけましたが、今回は南総地域です。千葉県ってインパラ王国?
 シボレー・インパラばかり扱う店のようです。

 ヘッドレストとかシートベルトなんかはありません。前席はお決まりの「ベンチシート」です。三角窓も付いています!


ChevroletImpala_10.jpg
    
 写真の縦横比がおかしい訳ではありません。車輪の口径が小さいうえに後側が極端に下がっている「ローライダー」仕様だそうです。

ChevroletImpala_13.jpg 
1963年型 2ドアコンバーチブル
  
 排気量 5.7リットル V8 エンジン。この時代ですから、燃料噴射ではなく自然吸気式です。
 エンジン部品にまでクロムメッキが施されていて、しかもピカピカに磨き上げてあります。ボンネットを開けて見せたくなるのも判るね~


ChevroletImpala_19.jpg


ChevroletImpala_21.jpg
1964年型 2ドアハードトップ

ChevroletImpala_20.jpg
光軸調整用遮光板
  
 今回の3台の中では一番新しい車。前回ご紹介した1959年型に比べると、どれもデザインが大人しくなったと言うか成熟したと言うか・・
 車高を極端に下げているので、前照灯の光軸が基準に合わないんだそうだ。それで高い部分をカットするため「まぶた」のような部品を付けいてる。

 全く見知らぬ人達でしたが、快く迎え入れてくれました。有難うございます。
 それにしてもビンテージカーって、いいね~ 今の車で60年経ってその時の人達に愛でられる車ってあるんだろうか?


-------------◇-------------
  
 話は変わりますが、一昨日ハイラックスの継続車検を受けました。
 自作のナフバー ( 足掛け棒 ) は付けたままです。トヨタの元設計と寸分違わない位置に取り付けていますから自信はありました。
 何かもめたら強度計算書を提出する積りでいましたが、そんなことは全くなく、何も問題なく検査合格でした。


NufBar_60.jpg
自作ナフバー取付
 
 私のナフバーは国交省が認定したってぇ事かい!? 何と私は自作ボートトレーラーで既に国交省から完成車両の型式認定を受けた車体メーカーなのです。恐らく ( 絶対に ) 最小で最低のメーカーでしょうが。 次いで部品の型式も取れるのか?

Shakenshow2.jpg
車検証


 私のハイラックスの車検証ですが、左列の下から2行を注目ください。
 トレーラーを牽引する時、以前は牽引車 ( トラクター ) の牽引力や制動力と被牽引車 ( ボートトレーラー ) の重量の組合せから複雑な計算書を、その都度提出する必要がありました。 
 これが現在は規制緩和されていて、牽引車側に能力があれば既定のトレーラーは何でも牽引できるように改定されました。「950条登録」と呼びます。ハイラックスピックアップではクラスE( 牽引車総重量2,000kg ) まで牽引可能です。私の場合は申請時に特に計算書を添付することなく、クラスE が認可されました。ただ自作したボートトレーラーは艇を積んだ総重量でも410kg しかありませんが。
 またアメリカのハイラックス ( 現地名 TACOMA タコゥマ ) では、ブレーキ系統の補強により3,000kg 近く牽引しているようです。



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

サマーキャンプin浜名湖2017 後編

 
 私達のサマーキャンプは今年で9回目を迎えます。

 初めの4回は山梨県山中湖で行っていました。ここは標高が1,000m近くあり、真夏でも朝晩は冷え込む位気温の低い、爽快な湖でした。
 しかも当初の3年間は湖畔の林の中に ( 何と女子修道院の所有地 ) テントを張り、寝袋・自炊という文字通りキャンプ生活でした。

 素晴らしい環境でしたが途中から山中湖が増水して使用できなくなり、5年目からは現在の浜名湖にフィールドを移しています。



 浜名湖ではうってかわって、猪鼻湖畔のリゾートホテルに宿泊しています。浜松市ヨットハーバーからは車で40分程度掛りますが、途中の景色も私達にはリゾートです。

17Camp_20.jpg
リゾートホテル(宿泊棟)

17Camp_21.jpg
リゾートホテル(レストラン棟)



 セーリングの基地としている浜松市ヨットハーバーは浜名湖 ( 本湖 ) 東岸の地区にあります。ここは人家や店も少なく人影もまばらです。

 一方昼食を取っているレストランは対岸にある「ビーチスマリーナ」というヨットクラブで、前浜が広く桟橋もあるため着艇が容易です。
 

17Camp_22.jpg
ビーチスマリーナ


17Camp_24.jpg
ビーチスマリーナ

 庭にはヤシの木が茂り、海岸線のベンチテーブルで食事が出来て、リゾート感満点の気持ちの良い店です。
 
 湖から来る客もたまにはいると言うことでした。私達は7名が一遍に注文するので、あらかじめ沖にいるうちに電話で注文を入れておきます。
 そうすると着艇して店に着くころ料理が出来上がっている算段になります。どのメニューも体育会系の若者向きなため、ボリューム満点で食べきれないくらいです。



17Camp_23.jpg
ビーチスマリーナ前浜

 海流の関係で東岸は海藻が溜まり易く、私達の出着艇は海藻を掻き分けて行っています。これに比べて西岸は全く海藻がなく大変に綺麗です。




動画をご覧ください







 ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

サマーキャンプin浜名湖2017 前編

 私達のセーリングチームの最大行事であるサマーキャンプは先週から例年通り静岡県浜名湖で行われました。

 先週は迷走する台風をはじめ天候が不順でずっと雨天が続き、最終の下準備は雨の中で行いましたが、キャンプ本番の四日間は連日晴れて風にも恵まれ爽快な日々を過ごせました。
 

17Camp_1.jpg  17Camp_2.jpg
東名高速由比PA前          東名高速牧の原SA
  
 自作トレーラーは製作後9年経ちますが、不具合な個所は何一つなく順調に走ります。ただ相変わらず、途中追い越して行く車からは随分と奇異の目で見られていました。
 運転も慣れてきているため千葉から4時間半でベースとなる浜名湖東岸に到着しました。
  
17Camp_4.jpg  17Camp_5.jpg
浜松市ヨットハーバー           艇の組立て

 気候的にも初秋の気配が感じられ、ウェアーもいくらか保温性の物を着ています。

 空の雲はもっと顕著で積乱雲とうろこ雲が混在しています。やはり「秋」ですね。


17Camp_3.jpg
7名が参加

 参加艇は昨年と同じで、トレーラー運搬のトーネード24号艇、インフレータブルヨット各1杯、浜名湖陸置きのベスウェイト14、レンタルの和船9.9馬力のコーチングボート合計4杯です。
 小型船舶免許1級が二人、私は二級+特殊。

17Camp_13.jpg
小さな浜から出着艇

 砂浜の多い西岸と異なり浜名湖東岸は直立護岸区間が長く、砂浜はほんの少ししかありません。その貴重な砂浜から出着艇します。
 ここはローカルのウインドサーファーもベースにしています。ただ浜名湖歴5年目の私達ももう顔見知りで、その日の風や潮の流れを教えてもらっています。


17Camp_11.jpg
つぶて島へ向かう

17Camp_12.jpg
つぶて島脱出

 私が乗艇の時、例年通り浜名湖唯一で随一の景勝地「つぶて島」回航を計画し、島北側から突っ込みました。
 ところが島中間に差し掛かった時、前方にザワザワと音をたてて流れていく澪筋を発見。ちょうど「猪鼻湖」の出入り口にあたる「瀬戸」へ続いている模様。
 何度か見たことのある太平洋の「黒潮」とそっくりです。そこだけ色が変わっていて、細かい波が立っています。弱中風であったため艇のパワーもスピードも澪筋を横切るには不足と判断。即タックを入れて引き返しました。


17CampLog1.jpg
この日の航跡

 その時のログ(航跡)が上記です。後でウィンドの仲間と地元漁師に話を聞きましたところ、
「もとから澪筋のあるところだがこんなに強力なのは初めて見た。あせった」
 との話でした。ベストな判断だったな~


17Camp_10.jpg
Tiwal 3.2

  フランス製インフレータブルヨット Tiwal 3.2 。小型乗用車でも運べます。女性オーナー果敢に浜名湖横断。

 俊足トーネードですとものの20分で横断しますが、Tiwal ですと1時間以上かかります。


17Camp_6.jpg
着艇目前で「沈」(転覆)

 着艇間近、ちょっと吹いたガスト(突風)に油断して転覆。
 それでも本人は起こそうと試みるも、波・風に流されて不本意ながら自然に着岸。



17Camp_9.jpg
コーチングボート(和船9.9馬力)


17Camp_7.jpg


 4人乗りの和船をコーチングボートとしてレンタル。飲み物の差し入れ、乗組員の交代等に使用します。
 有免許者3人が交代で運転します。

 9.9馬力の非力なため、高速艇トーネードのチェィスボートとしては役者不足で、6m/s も吹くと追い着けません。
 風がなくても走るのが利点かなぁ!?


 1,2日目とも午前中 晴れ南東の風、2,3m/s の微風、午後4~6m/sの中風の良コンディションを楽しみました。




 
 ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

ナフバー製作 完結編

  
 両側のナフバー完成後近隣のメッキ工場探してみました。自動車のメッキバンパーにあるような、ピカピカに光沢のあるクロームメッキを希望していましたが、近年自動車部品のクロームメッキは流行りではなくなかなか見つかりません。

 やっと船橋市の内陸部に見つかり、訪ねて見積もりをもらいました。
 片側あたり、下処理・メッキ・研磨の一式で3万円、両側で6万円とのことでした。当初の予算よりかなりオーバーなのと、次期車検をパスするかどうかの問題で、とりあえず今回はメッキを見送ることにしました。


NufBar_50.jpg
右側


NufBar_51.jpg
左側

 で、生材使用のステー部はオイルペイントで防錆塗装 ( ベンガラ色 ) をした後、上塗りをシルバーで行いました。

 プラスチックのエンドキャップもしっかり取付け、踏み面部分にノンスリップテープを貼りました。同系色なので見分けにくいですが、光沢のない個所がノンスリップです。
 しばらくこれで乗ってみます。


 メッキ工場への道すがらのランクル専門店で、頑強なナフバーを発見。泥濘地と岩場走行を趣味とするランクル専門です。いろんな趣味があるもんですね。

NufBar_52.jpg
ランクル70用ナフバー

 私のハイラックスのナフバーは足掛け専用ですから、幾分か華奢に出来ています。
 こちらは岩場から車台を保護する目的なため、超ヘビーデューティーに出来ています。アメリカから輸入した高張力鋼のパイプを、店主自らMAG溶接して組み立てていました。私のは市販の軟鋼使用です。私と同じようにノンスリップテープが貼ってありました。

 車一台一台に合わせて手作りするワンオフ生産で、両側分123,900円だそうです。





 ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR