FC2ブログ

二重煙突取替え大作戦 その3

  
 プロトタイプ試作部品が問題なく出来たので、ハンガーとブラケットの本製品を作ります。

 18Chimny_34.jpg  18Chimny_32.jpg
主材料

 主材料は等辺山形鋼  L-50×50 t=4.0 防錆塗装材 梯子胴木として使用
                L-40×40 t=3.0 防錆塗装材 ブラケット腕木として使用  
              L-25×25 t=3.0 防錆塗装材 屋上の転落防止柵
     平鋼     PL-50 t=3.0   生材   ブラケット部材      
     全ねじボルト M12        ジンクロメッキ 梯子桟木として使用

 鋼材は全て街の建材専門店に注文して購入しました。在庫はありませんがホームセンターよりずっと安価に入手できますし、難しい注文も聞いてくれます。ただし鋼材は「時価」です!

18Chimny_36.jpg  18Chimny_35.jpg
アングル切断

 鋼材はバンドソーで切断します。今回のように角度切りがある時に簡単に対応しますし、結構高い精度で加工できます。

18Chimny_37.jpg  18Chimny_44.jpg
ボール盤穴明け           X形開先加工

18Chimny_49.jpg
 
 前回まで 0.8mm 溶接ワイヤーを使用していましたが、今回からは 0.9mm を用います。
 板厚 3.0mm どうしの突合せ溶接で、溶接電流 110A 。

18Chimny_45.jpg  18Chimny_46.jpg
ハンガー部 ビード

 しっかりと開先を取ったうえでの両面からの突合せ溶接ですから、結構綺麗に付いているでしょう? 盛り上がりが少ない割りに、十分に溶け込んでいる感がある・・かな。

 
18Chimny_39.jpg
ブラケット部 ビード

 三方入隅なのでスパッタ( 溶接湯玉 ) の逃げ場所が無く、全て隅に集まって固着します。
 回転サンダーのワイヤーブラシは当然届きませんし、電気ドリル先端に噛ませた筆のようなワイヤーブラシでは非力です。最後は人力のワイヤーブラシ( 丁度歯ブラシ状 ) でも取れません。
 どの部材もスパッタだらけです。塗装でごまかそう・・

18Chimny_50.jpg
ブラケット5対

18Chimny_47.jpg
ハンガー2対


 次の作業は梯子本体の加工と今日作った部品の仮組み立てです。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

スポンサーサイト

スノープラウ実作業初挑戦

  
 2015年春に完成して以来出番が無く、試用によるダメ直しが全く出来なかったスノープラウの出番がやって来ました。私の住む南関東では積雪深 8cm とプラウ作業には十分とは言えませんが、やってみましょう。
 幸い一昨日積み込んだアカガシ薪が荷台に積みっ放しであり、半分も降ろせば最適なトラクションとして後輪に掛かります。

 自宅の隣が駐車場になっており、積雪のため利用車が居ないのを良いことに、ここを除雪しましょう。

18Plow_1.jpg

 現在履いている BF Goodrich All-Terrain T/A と言うアメリカ産タイヤは M+S ( 泥と雪 ) を謳っており、北欧や欧米で一般的な Severe Service Emblem と呼ばれる極めて厳しい寒冷地向けマーク ( 雪の結晶と山岳 ) を認証許可されています。
 生まれてこの方雪国で過ごした事が全くない私としては、雪道運転に慣れてないため慎重を期して後輪に非金属チェーンを巻いています。副変速機は 4L ( 低速4WD ) で運転。
 ハイラックスは外径 31 インチ ( 80cm ) と言う大きなタイヤを履いており、適合する非金属ゴム系チェーンはなかなか売っておりません。数年前にネットで見つけた既に生産停止の、カーメイト社バイアスロンアスリート BA20 軽荷重トラック用を使用しています。

18Plow_4.jpg


 30分ほど行ったり来たりして除雪を行いました。

 構造や強度的には特に不都合は無く、大きな問題はありませんでした。歪みが出たり、変に摩耗する箇所もありませんでした。
 まるっきり手探りで構造や部材厚を決定した割には、良く出来ていると思います。
 製作中に悩んでいた構造の実証も出来ました。

 運用上の問題が二つ
一つ目は 除雪版の上げ下げをどうしても肉眼で目視していたいので、窓を全開にして少し身を乗り出して運転します。吹雪いていたらどうしよう?
二つ目は 除雪板の上げ下げは電動ウィンチを回してワイヤーケーブルを出し入れして行います。結構頻繁にウィンチを回す割りにはエンジンの回転は上がらないので、バッテリーは放電するばかりです。ガレージに入れて電源スイッチを切ったら、再起動しなくなってしまいました。止むを得ず新品を購入。大容量バッテリーなので高価なこと・・・ 





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


北総掘り出し薪狩り

  
 成田の北、殆ど利根川沿いでの薪狩りです。地元の農家の裏山屋敷森を伐採した原木が、枝葉と共に山になっており、掘り起こしながら玉切りをしていきます。
 主催者ゴン太さんを含めて5名+エンジン式薪割り機1台の参加です。

18Maki_J1.jpg
原野 不整地での牽引は任せてください

18Maki_J2.jpg
快調な玉切り
 
 樹種は「アカガシ」が大部分を占めます。
 カシの仲間ですから材質はとても硬く強度が大きいですが、加えて水分に強い特徴があり、古くから和船の舵板 (ラダー) や櫓・櫂に用いられてきました。
 薪としても一級品で、比重が大きく熱量の高さ・火持ちの良さも抜群です。
今から焚く時が楽しみです。


18Maki_J3.jpg  18Maki_J4.jpg
芯材 (年輪の中央部) が赤いのが特徴です
 
 唯一の欠点は「割り難いこと」ですが、エンジン式薪割り機があれば、それもクリアー出来ます。


18Maki_J5.jpg
二人ペアでバリバリ割ります

18Maki_H6.jpg
本日の獲物


 なんと言っても割った薪を持ち帰るのって、最高ですね。帰って積み上げるだけで良い・・
 今日は有難うございました。


------------◇------------  

 そう言えば、今朝薪狩り現場へ向かって走っていた時のことですが、辺り一面の「濃霧」に覆われました。

18Maki_J9.jpg
赤信号で止まった先の案内板が見えません

18Maki_J8.jpg
三重衝突事故

 (写真はドライブレコーダーから切り落とし)  
 
 やはり事故っていました。
 2両目の前後のつぶれ具合からして一番後ろの車が突っ込んだんでしょうね!?
 前、見えないですから・・・・



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


近所の公園で薪狩り

  
 毎朝散歩をしている公園が近くにあります。先日から樹木の幹にビニールテープが巻かれているのを発見。伐採の季節でもあるし、近々伐採工事があるのかな、と密かに期待していました。
 期待通り昨日から作業が始まり話しに行くと、何といつも仮置き場から原木を頂戴している知り合いの業者でした。

 作業に合わせて平日ですが、原木採取を行いました。

18Maki_H2.jpg
高所作業車で枝払い
  
 細い枝はダンプカーに積んで、そのまま処理場へ。

18Maki_H5.jpg
お花見広場

18Maki_H3.jpg
幹は頂戴します
  
 樹種は全部桜です。花見の名所です。この辺りは「株立ち」の桜が多く、皆手頃な太さである上に枝分かれも少なく、扱いの上等な樹形です。
 業者が次から次へ伐採して倒したもので、その後の作業の支障にならない物選んでを私が玉切りします。


18Maki_H4.jpg
本日の獲物
 
 やっぱり近くの現場っていいですね!






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

2018年初春 歌舞伎鑑賞

  
 今回の歌舞伎鑑賞は新橋演舞場での「新春歌舞伎公演」です。
 晴海通りに面して賑やかな歌舞伎座とは異なり、裏が首都高の掘り込みがありやや静かな立地です。

Kabuki_6.jpg
奉納一斗樽の前で

Kabuki_4.jpg

 2階バルコニー最前列の座席 ( 黄〇印 ) での鑑賞。残念なことに花道は全く見えません。だからチケットは安いのですが・・ただし目の前に宙吊りワイヤーがあります。
 
 中村獅童は昨年大病を患い、主役を張る本格復帰第一弾となる演目「天竺徳兵衛韓噺」です。
 重い衣装を着て激しい動きの連続です。頑張れよっ・・


Kabuki_2_l.jpg  Kabuki_1_l.jpg
獅童「宙乗り」         海老蔵「にらみ」
  
 写真は松竹のカタログとネットから拝借。

 花道は見えませんが、その代りに最大の見せ場ワイヤーで吊られて10m 近く宙を舞いながら演技をする「宙乗り」はほぼ目の前で見られます。う~ん、特等席だなぁ~。
 おっと、獅童と目が合ってしまった・・

Kabuki_7.jpg
幕の内弁当

 歌舞伎の幕間に食べることから名前が付いた「幕の内弁当」新橋演舞場のもの (梅レベルです) はこんな感じです。外で食べたらずっと安価で味も普通ですが、歌舞伎の席で食べるととても美味しく心躍る物がありますね。


 二演目は市川海老蔵の主演で口上と「にらみ」です。
 この「にらみ」を見るとその一年は無病息災で過ごせるんだそうな。

 三演目はやはり海老蔵の七変化主役で「鎌倉八幡宮静の法楽舞」。
 九世市川團十郎以来180年振りの公演だそうです。
 長唄・常磐津・清元等の歌舞伎音楽のフル編成で踊りが主体の楽しい舞台でした。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


二重煙突取替え大作戦 その2


 全体の製作に先んじて部品プロトタイプの試作を今回は行います。  

 ビルや倉庫の建築では電気配線の通路に「配線ラック」と呼ぶ梯子状の通路を配置し、これに電線を固定します。これと同じ構造の「梯子ラック」を建物に取付け、これに煙管を固定する方法を取ります。

 等辺山形鋼 ( アングル ) を胴木とし長ボルトを桟木として梯子状に組みます。
 梯子ラックを建物に取付ける部品が「ハンガー」です。屋根床版とベランダ床版のコンクリート版先端に引掛けます。
 一方煙管を梯子ラックに留める部品が「ブラケット」です。煙管を「バンド」で挟み込み、両端の穴でボルト止めします。

煙突CAD_1  煙突CAD_3


煙突CAD_2

 最初に建物の寸法を詳細に測定し、実際に見合った設計を起こします。
 部材の規格寸法等は、構造計算をせずに今までの経験から決定します。
 CAD 上でシュミレーションをしながら適時変更をして最良の形状と寸法を割り出していきます。ここいら辺の作業は現職の時のままですね。

 丁度設計部材と同じ断面の端材があったので、これを刻んでプロトタイプを作ります。

18Chimny_23.jpg 
バンドソー切断

 以前購入したバンドソーは角度のある切断が 60゜まで可能なので、中華製といえども結構重宝しています。今回も大活躍です。

18Chimny_30.jpg
スパッタ出過ぎでしょう!?
  
 t=4mmの突合せ溶接ですが、しっかり両側から開先を取っています。X形開先でしょうね。

 半自動溶接機には 0.8mm の溶接ワイヤーが装填されていました。時間があまり無いので太い物に交換することなく、このまま電流と送り速度を上げて作業します。ちょっとスパッタ ( 溶接火花 ) が飛び散り過ぎで、周囲に付着し過ぎだなぁ~


18Chimny_27.jpg  18Chimny_24.jpg
プロトタイプ完成          本日のビード
 
 X形で開先を取って裏表から溶接しているので、そんなに盛り上がることも無くしっかり付いていると思います。

18Chimny_25.jpg  18Chimny_26.jpg
ハンガー部 (内側から)            (外側から)
  
 殆ど余裕なくピッタリとはまっています。本工事ではアンカーボルトでコンクリート版に縫い付ける予定。

18Chimny_28.jpg  18Chimny_29.jpg
ブラケット部             最下端ブラケット

 ハンガーの形状が現況のコンクリート版に合致するように加工出来るか少し不安でしたが、結構上手く出来ました。小型構造物であることとに加えて、両側から溶接しているため溶接熱による歪みも無く殆ど設計図どおりに出来ています。
 
 今日試作したプロトタイプ部品類はいずれも本使用に耐える精度で仕上がったため、そのまま本製品として使用します。
 先週に建材店に発注した本部材も来週には入荷する予定なので、早めに本製作に入るとしましょう。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

お裾分け薪 頂戴しました

 
 ゴン太さんの「新年助け合い・薪あげます」に応募して、新年早々頂戴してきました。 


18Maki_H1.jpg
差し枠一杯の乾燥薪ゲット

 ゴン太さんは庭に物置をはじめ薪置き場群を築造中です。
 第一号の車庫兼物置はとても素人とは思えない出来栄えですが、全くの初心者ゆえの苦労話も楽しく聞かせてもらいました。

 有難うございました。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


2018年 初セーリング

  
 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 午前中ハーバーの気温は 4゜C の中、2018年の初セーリングです。
 船体に掛けてあるオーニングカバーの凹みに溜まった水は凍って薄い氷が張っています。

18ASailing_3.jpg  18ASailing_14.jpg
気温4゜C          薄氷

18ASailing_1.jpg  18ASailing_2.jpg
19号艇 お神酒          24号艇 お神酒
 
 お酒の銘柄は私の好きな新潟県の「八海山」です。
 現役時代八海山の周辺の魚野川の河川設計をしていました。そのため幾度となく当地を訪れ、このお酒のファンになってしまいました。あまり癖が無く美味しい酒です。

18ASailing_4.jpg
昨年末ドイツから購入した新セール
 
 新しいメインセールには未だセール番号が入っていません。
 若いクルーが入れてくれるのを待ちます。



18ASailing_7.jpg
スピンラン
 
 午後になると西交じりの4~5m/sの適風が吹き出し、スピンを揚げて快走です。

18ASailing_6.jpg
初トラピーズ

18ASailing_9.jpg
15ノット位出てるかなぁ


 稲毛の海域に隣接してラムサール条約指定の「谷津干潟」があり、海鳥が沢山棲んでいます。
私達のセーリングエリアはここの鳥達の餌場になっており ( 注:指定した訳ではありませんが  ) 、時としてもの凄い数の鳥が群れています。
 今日はこの大群に突っ込むように帆走りました。私たちの艇はスピードが速いため、殆ど海面から飛び立つ瞬間に追着いてしまいます。


18ASailing_10.jpg
早く飛び立たないと追着くぞ~

18ASailing_12.jpg
半数位やっと飛び立った

18ASailing_13.jpg
何羽位居るんだろうか?
 

 今年も良い風に恵まれるといいなぁ。



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR