ゴールデンウイークセーリング '18

  
 自分ではリタイアしていて毎日が休日と言うものの、やはりゴールデンウィークは格段に楽しみが違いますね。
 ヨットハーバーでは人出数が違います。この辺りから今年のセーリング初めにする人も多いです。通年セーラーの私達にしても、前回ご紹介しましたようにウェアーや装備が軽くなって動きが楽になります。 

18ESailing_2.jpg
マストの修理

 艇全体を横倒しにしてマストの修理を行います。私達の艇種では、マストだけを倒すより、艇全体を横倒しにする方が簡単で早いです。ジブセールのハリヤード ( 帆の引き揚げロープ ) を張り替えます。
 
18ESailing_10.jpg
新入部員講習
 
 この季節ハーバーのあちこちで見受けられる風景に、学校ヨット部の新入生への講習があります。全く潮気の無い青っ白い新入生がヤードの一画に集められて、コーチや先輩に岡レクチャーを受けています。一通り終わるといよいよ海に出て行きます。
 この子達も夏の合宿が終わるころには、いっぱしのヨットマンになっているでしょうね。

18ESailing_7.jpg
出艇 
 私達もスロープから艇を降ろして出艇しましょう。

18ESailing_1.jpg  18ESailing_6.jpg
 
 この季節には珍しく東寄りの風が 4~5m/s 吹いています。波は 0.5m 程度で先週のような迫力のある帆走は期待できませんが、遼艇とつるんで楽しく帆走ります。

18ESailing_4.jpg
遼艇

18ESailing_9.jpg
自艇
 
 セーリングしている自艇の全体像写真って、余りありません。撮影している自分が乗艇しているので撮れませんから・・
 今日は遼艇から撮影してもらいました。

18ESailing_8.jpg
洗艇
 
 セーリングが終わって岡へ揚げたら先ずは洗艇します。コイン式でジェット清水が出てきます。トーネードは艇が大きく洗い流す箇所が沢山ありますが、十分な水量が出ます。余った水でクルーのウェアーや装備品も潮出しします。


 今年は3月4月と良い風に恵まれています。このまま吹き続けてくれるといいんだが・・




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

自作ボートトレーラー 9回目の継続車検

  
 2009年に設計、製作、登録した自作ボートトレーラーは今年で10年目に突入。
 ハーバーに置きっ放しで度々の高潮に直接打ち込まれている割りには故障も無く、所々錆が出ている程度です。

18TrailerShaken_1.jpg  18TrailerShaken_2.jpg
錆落とし           防錆塗装

18TrailerShaken_5.jpg
ギヤオイル補充
 
 被牽引車なので駆動軸がある訳ないのですが、そこは自作車の悲しさ。たまたま手に入れた後車軸が軽トラ用だったためディファレンシャルギアが付いています。幾らも減ってはいませんが、10年目を記念してギアオイルを補充します。


18TrailerShaken_4.jpg
上塗り

 二年前に新品に交換した三角反射板は潮水と紫外線にやられて、表面がザラザラになり全く反射しなくなってしまいました。今回再び新品に交換しました。
 ( 検査官は懐中電灯で照らして反射具合を確認します )

-----------------


18TrailerShaken_7.jpg  18TrailerShaken_6.jpg
仮ナンバー          ユーザー車検窓口

 スケジュールの都合がつかず「車検切れ」の状態での受験となってしまいました。止むを得ず市役所にて仮運行ナンバーを申請して車検場へ向かいました。
 車検場は余り混雑していません。自動車人口が減っているって、本当にそうですね。

18TrailerShaken_8.jpg
継続特種車の列

 午後の部第三ラウント先頭で待ちましたが、後続は来ません。すいているな~

 検査係員いわく「20年間検査官をやっているが、車枠から作った自作トレーラーに会ったのは初めて」 だそうです。
 灯火やボルトの緩み等を一通り確認して、合格です。構造が超簡単なので、特に問題になるような個所もありませんから・・
 この検査官、牽引車(ハイラックス)の車検証もチェックしました。ちゃんと950条登録してますよ。
 

18TrailerShaken_9.jpg
ハイラックスサーフ
 
 次のラウンド待ちのボートトレーラー車検、最終形ハイラックスサーフで牽引しています。

 毎年春の恒例行事になったトレーラーの車検ですが、今年も無事終わりました。いよいよベストシーズンへ突入ですな。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

シーガルでセーリング

 
 例年ですと5月下旬位から半袖長ズボンタイプのウェットスーツ「3mmシーガル」の出番ですが、暖かい今年はひと月早く今日から着用です。
 このタイプは生地厚も薄く、他のタイプと比較して圧迫が少なく体が格段に楽に動かせるのでセーリングしていても楽しさが一段と増して感じます。早くも本格シーズン到来ですね。

18DSailing_1.jpg
シーガル
 
 南西の風 6,7m/s、ほとんど息をつかず、ガスト( 突風 ) も無く、方向も全くブレ無い。しかも波高 0.5~1m で楽しめる。年間を通じて幾日も無いようなベストコンディション。
 こんな日にビギナーさんを乗せると、恐怖心も無く病みつきになってもらえるのにね・・ 

18DSailing_3.jpg  18DSailing_7.jpg
白波もちらほら             Wトラピーズ

 午後になると少~し風も上がって、白波も出てきました。「波でジャンプ」も楽しめます。
 もうダブルトラピーズしかありませんね。 
 
18DSailing_8.jpg
セールカーブ

18DSailing_6.jpg
曳き波
 
 艇速が上がっているのが曳き波に表われています。
 もっちょっと吹いてくれると片ハルがあがってくれて、もっと楽しめるんですが・・

18DSailing_5.jpg
スプレー浴び
 
 波よりも速く帆走る私達のトーネードは波そのものに突っ込みます。そうするとクルー達は盛大にスプレーを浴びることになります。
 真冬の厳寒期にやられると「拷問」そのものですが、この季節からはスプレーも楽しみのひとつですね。
 
18DSailing_2.jpg
蛸揚げ
 
 隣の浜で誰かが凧を揚げています。これは「蛸」揚げの間違いか?
 風が強いので重量のある大型の凧も揚げられますね。


 昼も忘れてセーリングを楽しんでいました。途中昼食帰港が遅れたため売店の弁当が全部売れ切れていて、昼飯にあぶれてしまいました。

 

ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

ヒッチレシーバー増設

  
 一般的な小型自家用車のヒッチと言ったら、後ろの中央部に1ヶ所でトレーラー牽引で公道走行用でしょうね。私の場合は伐採現場での薪割り機牽引移動が加わります。
 ランクルのようなパートタイム四駆車の場合、ごく稀にフロントヒッチを取り付けて前向きでボートトレーラーをスロープでの揚げ降ろしをすることもあります。やはり運転者が直接目で見て操作するのが一番です。 
 

Hitch_6.jpg
愛車のリアヒッチメンバー
 
 頑強なことで定評がある車枠に直接ボルトオンしてあります。
 中央のレシーバー( 黄色矢印 )はオリジナルのヒッチメンバー。主にトレーラー牽引用
 右側のレシーバー( 赤色矢印 )は自分で取り付けた増設レシーバー。  足掛け用。

Hitch_3.jpg
ボートトレーラー牽引
 
 当然ながら車検では 950条登録をしており、相手を問わず総重量 1,990kg までのトレーラーならばキャンピングトレーラーでもボートトレーラーでも何でも牽引可能です。
 私のボートトレーラーは普通車登録なので結構全長が大きく、牽引走行時は法令制限長 12m近くなります。

Hitch_4.jpg  Hitch_5.jpg
薪割り機牽引           足掛け
 
 ハイラックスは荒地走行性が高いので、不整地での薪割り機移動はお手の物ですね。

 自宅のガレーヂの寸法が狭いので、オリジナルのリアステップバンパーを取り外してしまいました。その為荷台への乗り込みが出来なくなったので、新規に足掛けを設置しました。アドオンメンバーとしては一番出番が多い部品です。

Hitch_0.jpg
フロントヒッチメンバー
 
 自作ですがこれも車枠に直接ボルト止めしています。
 左右ふた口とも応力はストレートに車枠に伝達します。


Hitch_2.jpg  Hitch_1.jpg
長物積載用の鳥居          自作除雪機
 
 除雪機は私の住む南関東では活躍する場面が滅多にありません。今年の冬は3年ぶりに出動しました。

 アメリカ北東部ではピックアップトラックで除雪することは一般的です。
 フロントヒッチメンバーが普通に市販されていて、ワンタッチで除雪機と連結できます。


Hitch_7.jpg
今回増設したヒッチレシーバー

 今までリアメンバーには中央と右側にしかレシーバーがありませんでした。
 それでも車1台に4口も付いていれば十分過ぎる数ですが、今回は空いている左側にもレシーバーを増設しました。

 それで左右対称となったヒッチレシーバーを利用して、揚重装置を作製しようと計画しています。現在クレーン型かゲートリフト型か、どちらにするか思案中です。



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

キジの合唱で薪狩り

  
 市内の郊外で薪狩りです。建設会社の資材置き場の拡張に従って、夫々の時期に伐採された樹木がそのまま蓄積されています。
 伐採後新しい広葉樹のバージンログを選んで玉切りしましょう。
 周りの林からはキジの鳴き声がひっきりなしに聞こえてきます。更にコジュケイの声も混じって結構賑やかな丁場ですな。

18Maki_P1.jpg
伐採原木

18Maki_P2.jpg
玉切り
 
 このところこまめに目立てをやっているので、良く切れます。オガ屑が大きくて粉になっていない。結果ガソリンの消費も最小で済んでいます。軽トラ1台分の玉切りがチェーンソー燃料1.5タンク分です。

18Maki_P3.jpg
本日の獲物
 
 アラカシ 7、ホウノキ 3 の割合です。






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

タケノコ掘り

  
 下総台地にある友人の持山でタケノコ掘りです。

 杉で有名な地方ですが、杉の間に極太の孟宗竹が繁茂しています。
 

18Takenoko_1.jpg
結構暗い林の中
 
 タケノコ狩り自体は初体験ですが、野丁場へ来るとどうしても現職時代の血が騒ぎますな・・
 今日は未だに現役の友人も一緒にタケノコ掘りですが。
 
18Takenoko_2.jpg  18Takenoko_3.jpg
飛び出している頭           鍬で起こします
 
 鍬( クワ )やら鋤簾( ジョレン )を手に持つと不思議と型にはまって見える・・

18Takenoko_4.jpg
本日の獲物
 
 大型のタケノコが数十本採れました。
 1本1本が凄く大きいので我が家だけではとても食べきれません。ご近所さんにお裾分けをしましょう。

18Takenoko_5.jpg
若竹煮
 
 新鮮で全くエグ味がありませんし、噛んでいると甘みが出てきます。
 旨い!








ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

船台前車輪取付け

  
 チームメンバーが所有しているモノハル艇の船台は、極く一般的なアルミ製のものです。
 中央部から少し後ろの方に車輪が一対付いているだけですから、前のハンドルには結構重量が掛かります。
 今回ここに車輪を取り付けます。車輪そのものは在り合わせの物を使用し、取り付け部分を作ります。

470Cradle_2.jpg
材料
 
 鋼板及びフラットバー t=3.0
 鋼管         φ42.7 ✖ t2.3
 どちらも在庫材から使用。

470Cradle_3.jpg

 PL t=3.0 ✖ STK t=2.3 の隅肉溶接なので電流 100A 。
 

470Cradle_6.jpg  470Cradle_5.jpg
完成                車輪との組み合わせ

470Cradle_7.jpg
矢印の車輪

470Cradle_8.jpg

 
 錆止め、上塗りと塗装をして早速取り付けてみました。
 前後の位置、高さとも申し分のない位置です。コの字形の取付ボルトの位置もびったりで、すんなりと取り付きました。

 コの字形取付ボルトの位置出しは原寸図を引いて行いましたが、それ以外はいい加減にやっています。その割には上手く出来たものです。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

貝塚 (?) で薪狩り

 
 前回は神社境内での薪狩りでしたが、今回は寺社所有地での薪狩りです。しかも檀家総代をやっている友人の紹介です。
 例によって「独りモクモク」の単独作業です。

18Maki_O5.jpg
伐採後1年経過
 
 内房袖ヶ浦市の内陸部は台地部に中小河川が浸食し、谷津が入り組んでいます。
 その為有史以前からの遺跡も多くありますが、余り有名ではありません。


18Maki_O3.jpg  18Maki_O4.jpg
今回採取場
 
 今回の採取現場も貝殻の層が露出し、散乱しています。恐らく貝塚でしょうね。

18Maki_O2.jpg  18Maki_O1.jpg
近所に点在する古墳群
 
 採取現場の近所の畑地の真ん中にポツンと小山として残されている「古墳」。
 古墳として調査・認定されている物も沢山ありますが、未だに調査されていない物或いは気付かずに壊してしまったもの、分かっていても撤去してしまったもの等色々あるんでしょうね・・


 そんな中での薪狩りです。伐採後1~2年経過した原木ですから、一部朽ちているものもあります。それは残念ながら除けておきます。

18Maki_O6.jpg

18Maki_O7.jpg
本日の獲物
  
 ストーブで焚く時は敬意をもって暖まりましょうね・・




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


電動薪割り機入替え購入

  
 住宅密集地にある我が家では強力なエンジン式の薪割り機は騒音の問題で使用できません。代わりに100V 電動の薪割り機を使っています。
 今まで13年間使用してきたナカトミ ( 中華製 ) の油圧薪割り機は、ここ数年電源スイッチの具合が悪くだましだまし使っていました。電源ボックスを分解してスイッチボタンの欠けた部品を、自己流に補修して何とか使っていましたが修復不可能に壊れてしまいました。
 止むを得ず新品に交換購入です。ネットで探した店で、100V 電動なのに「パワフル 7t 」と言う宣伝に騙されて買ってしまいました。

18Maki_N6.jpg

18Maki_N5.jpg
日本語の取説と部品リスト
 
 何と懇切丁寧な日本語の取扱説明書が付いています。更に細かな部品リストまであり、部品の在庫があり何時でも注文可能だそうです。
 今まで使っていた古い物は油圧装置が悪いわけではなく型式は同じようですから、電源部だけ部品を買って再度修理をしてみましょう。

18Maki_N1.jpg
軽トラで2.5台分の玉切り材

18Maki_N2.jpg  18Maki_N8.jpg
 
 鋭利な刃物ではないので新品だからと言ってスパスパ切れる訳ではないですが、やはりなにかスムースで気持ちが良い。

 今まで使っていた機械は電動モーター出力1,500W で破壊力 4t でした。今回購入した物も電動モーター出力 1,500W で 7t ( 何が 7t だか不明 ) を謳っています。油圧シリンダーの形状が同じですから出力に相違が有るわけありません。今までどうり直径30cmオーバーの原木玉は割れません。自分では「破壊力 7t 」の謳い文句に結構期待していましたが、裏切られてしまいました。
 
 結局今までどうりに使って行くしか無いようです。

18Maki_N4.jpg
軽トラで1.5台分の薪
 
 バキバキ、バキバキ割り続けて置き場に積み重ねます。敷地が狭いので置き場の遣り繰りが大変ですが、何とか収めましょう。






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

特化型ホームセンター

  
 近年プロ建設業向けのホームセンターが多くなってきています。
 扱い商品が建設業向けの建材や素材を多く取り揃えたり、工具・道具を充実させたりしています。更に会員制にして素人の出入りを断る店舗まで出てきました。
 建材も木材が充実していたり、鉄素材が多数在庫してたり、電気配線系だったり給排水系が豊富だったり店夫々ですから、利用者としても知っておく必要がありますね。

 で、私の家から10分ほどの所に新しく出来たホームセンターは作業道具・工具と電気配線および給排水材料に特化した店舗です。そもそもホームセンターとは名乗っていません。

Tools_A1.jpg
ハスクバーナコーナー
 
 一般的なホームセンターではマイナーな扱いのチェーンソー関係が妙に充実しています。
 他にゼノア、マキタ、リョービが同じような面積で陳列されています。


Tools_A2.jpg  Tools_A3.jpg
消耗品                  斧
 
 2サイクルオイル、ガソリン混合タンク、チェーンソーオイル、目立てヤスリ、遮音耳当てやチャップス等必要なものは何でもありますね。

Tools_A4.jpg
135e が 29,800円
 
 それってカタログに謳っている定価じゃないの。 開店大安売りじゃあないの?


Tools_A5.jpg
溶接関連
 
 プラズマ切断機が豊富に陳列されています。半自動溶接機は全くありません。
 手棒用の各種溶接棒が大量にあります。色々な径の棒が、様々な重量別の箱であります。 


Tools_A6.jpg  Tools_A8.jpg
溶接ワイヤー             ドリルビット
 
 どうも値段が安くないな・・
 じっくりと他の店と比較してみないといけないね。


Tools_A7.jpg
本日の買い物
 
 ずっと欲しかった高さ調節式の長物用ローラー、チェーンソー作業用くさびを購入しました。

 この手のお店へはお金を持ってきてはいけません。何でも欲しい物は買ってしまいます。
 お金が幾らあっても足りませんから。



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR