FC2ブログ

街で見かけたハイラックス その11

  
 新型ハイラックス( 通算8代目 ) が発売されてから8ヶ月経ちますが、この辺りではとんと見掛けません。今日見つけたのは北米版ハイラックス「Tacoma ・タコゥマ」です。通算6代目で私のハイラックスと同じ世代、もちろん左ハンドル。

Hilux1801_1.jpg
黒のエクステンドキャブ
 
 殆どオリジナルの二駆です。


Hilux1801_2.jpg
排気管の向きに注目
 
 排気管の向きが右下側に出口を向けている所に注目。アメリカ仕様のままです。

 日本では見ないメーカー不詳のホワイトレタータイヤ、フェンダーにステンレスのトリムが入っています。


Hilux1801_3.jpg
リアビュー

 
 後ろ側の窓は一枚物の嵌め殺しです。リアステップバンパーもオリジナルのままです。
 
 荷台の内側は硬質プラスチックのベッドプロテクターが張ってあります。

 サーフボードを荷台に無造作に放り込んで、西海岸を走ったら絵になるんでしょうね!



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい



スポンサーサイト

ルーフキャリア継ぎ足し

  
 ルーフキャリアに二段で物を積む必要が出来たため、レールを二層に継ぎ足します。
 市販のルーフキャリアのレールに重ねるようにします。

RoofCarrier_2.jpg  RoofCarrier_4.jpg
ルーフキャリアと角パイプ        本日のビード
 
 ルーフキャリアは角パイプ STKR □ 25×25  t=1.6 を使用。同じ部材で短い脚を左右に付けて、その中を M8 ボルトで縫い付けます。
 t=1.6 同士の隅肉溶接、φ 0.8mm 溶接ワイヤー使用で溶接電流 70A 。
 入隅なのでどうしてもスパッタが削れないなぁ~

 次いで自作の前部鳥居も継ぎ足します。元部品は鋼管 STK φ31.8 で出来ていますから、同じ部材を使います。


RoofCarrier_5.jpg  RoofCarrier_6.jpg
鳥居継ぎ足し部溶接             本日のビード 
 
 こちらも t=1.6 同士の隅肉溶接、脚の方はホールソーでノッチを掛け、φ 0.8mm 溶接ワイヤー使用で溶接電流 70A 。Rが入っている分、一気に運べなくて溶接しづらい。


RoofCarrier_7.jpg
鳥居継ぎ足し部完成
 
 脚先に市販のクランプを溶接して、元鳥居に接続します。




 下塗り防錆塗装、仕上げ塗装をして完成。

RoofCarrier_8.jpg
ルーフキャリアにボルト止めで継ぎ足し

RoofCarrier_9.jpg
前方から

RoofCarrier_10.jpg 
後方から
 
 前部鳥居は横桟が二本になり本当の鳥居になってきた。
 今まで以上に交通安全で行けるでしょう!




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


2018 梅雨真っ只中セーリング

 
 関東地方はまだまだ梅雨の真っ只中にあり、今週末もぐづついた天気予報ですが取り敢えず稲毛ハーバーにやって来ました。

18GSailing_4.jpg
だらんと垂れた吹き流し

 昼前は南西の風 V=1~2m/s の殆ど凪の中、僅かな風道を探して出艇しました。

 雨雲が海面まで降りて来ているため、視野全域モヤが掛ったようで只白く見えます。
 

18GSailing_1.jpg
ローカルレース

18GSailing_2.jpg
霞んで見えない陸上
 
 マリンスタジアムにはデーゲームにも関わらず、ぐるり照明が入っていますが海上からは微かに確認できる程度です。

 海域では市民カップレガッタが開催されていましたが、微風では中々進みません。しかも海面と空の色が全く同じため、境界線が判りません。
 

18GSailing_3.jpg
ゴミの帯
 
 昨日今日のニュースでは東京湾最深部で体長 15m 級のクジラが目撃されている旨報告されていますが、ここ稲毛海域では流木やゴミが帯状に漂っていて異臭を放っています。

 
18GSailing_5.jpg
待望の吹き出し
 
 正午を回る頃やっと吹き出して来ました。4~5m/s の風です。

 せっかくの風を逃がすまいとクルーはトラピーズに、私はハイクアウトで走ります。いい調子で走っていると、大粒の雨が降って来ました。梅雨時のセーリングだから仕方ないか?

 灼熱の熱帯日は好きじゃぁ無いけれど、早く梅雨が明けないかなぁ・・
  

ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい



B14 ウイング修理 前編

  
 梅雨の合間でしかもナギで出艇の出来ない時間に修理作業をします。

B14Wing_5.jpg
破れ具合
 
 トランポリン取付けチューブが左右共に破れています。このままではクルーが乗ることが出来ません。この機会に縫い目を全ヶ所縫い直します。

B14Wing_6.jpg  B14Wing_7.jpg
リベット抜き            コーナー解体
 
 リベット軸と同じ径のドリルビットを使って、リベット芯もろとも穴を揉みます。大きい径のビットの方が作業は楽ですが、再リベット打ち込み時にガバガバで緩くなってしまうので、ここは正確に空けます。
 30年分の潮を食っている為、なかなか抜けません。プラスチックハンマーを使用して優しく叩きだします。


B14Wing_8.jpg


 ウイング枠を一旦解体し、トランポリンを取外した後に仮組立てします。

 この後はトランポリン縫製作業です。







ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい




B14 ウイング運搬

 
 チームメンバーが所有して浜名湖に陸置きしているベスウェイト14 は、昨年のサマーキャンプで使用した折にウイングのキャンバスが破断してしまいました。

B14Wing_0.jpg
ウイング部
 
 軽量で大きなセールを展開する B14 はバランスを取るためにウイングが欠かせません。
 今年のキャンプ前には完全な状態にする必要があり、一旦稲毛に持ち帰って修理します。
 

B14Wing_2.jpg
ルーフキャリア
 
 荷台の鳥居とルーフキャリアを左右の鋼管で連結し一体化し、ウイングを縛り付けます。
 高速走行の風圧に耐えるようにゴムバンドでしっかり固縛します。


B14Wing_3.jpg
浜松市ヨットハーバー


B14Wing_4.jpg
稲毛帰着
 
 往復とも渋滞にも遭わず、快適な運搬でした。普段はトレーラーを牽引して走ることが多いルートですが、ヘッド車だけでの走行は久しぶりです。
 後ろを気にしなくても良いのは、いゃ~、楽だね~。
 今日は一日中、100km/h で走行できたため燃費も8.2km/ℓ を記録しました。単独で走ると燃費もいいね~




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい



ヒッチリフト製作 その6

 
 前回で構造的な溶接・組立てが終わったものに防錆塗装+仕上げ塗装を行い、プラットホームを番線で縛りつけて完成です。

 軸受け部分に潤滑油を差し、ワイヤーを巻き直してたるみを取って試運転です。





 荷物は電動薪割り機で重量約 50kg です。

 私にとっては予定通りの出来栄えと動きですが、リフトの取付けと撤去にちょっと時間が掛かり過ぎかなぁ? 慣れればもう少し簡単で短時間に出来るようになるんだろうか? 

 除雪機よりは出番が多いだろうな・・




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR