FC2ブログ

新艇がやって来た

  
 チームメンバーの一人が新艇を購入しました。
 一昨日輸入され横浜港に荷揚げされたばかりの湯気が出ているような新艇です。通関して保管されている横須賀の倉庫に引き取りに行きました。

Adventure_1.jpg  Adventure_2.jpg
荷姿               組み立て方の説明
 
 広大な倉庫の一画に輸入された艇が積み上げられています。今回は40フィートのコンテナ1台分来たそうです。
 販売者からあらましの組み立て方の説明を受けました。

 週末に組み立てて進水式です。
 ちょっと変わった形でしょう? 初めて見る人が大部分だと思います。私達が普段乗艇している艇トーネードは双胴艇(英語でカタマラン)で船体は同じ形のものが2本あります。
 新艇はトリマランと呼び真ん中に主艇体があり、両側にアウトリガーと呼ぶフロートが2本付いています。
 アメリカ ホビー社の製品でクラス名は「アドベンチャーアイランド」と呼びます。スピードだけを追求したトーネードとは方向性が大きく異なり、レジャーユースのみを目的とした艇種です。全長5.0m、全幅2.9m、全重量84kg。
ホビー社は60年前初めてカタマランタイプの艇を市販した会社で、以降多胴艇を多種類販売している実績のある会社です。


Adventure_3.jpg
進水式
 
 進水式ではシャンパンのビンをバウ(船首)にぶつけて割るそうですが、そんなことしたらハル(艇体)の方が壊れてしまいます。ここではバウ部分に降り注ぎました。

Adventure_7.jpg
ちょっと変わった装置
 
 一般的な小型ヨットとはかなり異なった装置を持っています。
 センターボードは一般的には船体の中央部に付いていますが、ここでは右端に付いておりレバーを前後して操作します。ただしスターボードタック・ポートタックの語源にもなった右舷に設置されてはいます。
 舵板を操作するティラー(梶棒)は無く、左舷に付いたレバーを操作してワイヤーを介して舵板を振り方向転換をします。
 セールはメインセール(主帆)のみのキャットリグで、ワンタッチでリーフ(縮帆)ができます。この艇ではオプションのスピンネーカーも装備しています。日本では初めてのスピン装備艇だそうです。巨大なトーネードのスピンと比較するととても可愛い大きさですが、船足が早くなるでしょう。
 小型ヨットとしては目を疑うような「椅子」が付いています。しかもリクライニングします。しかも「ランバーサポート」付きです!

Adventure_4.jpg
微風のセーリング

Adventure_5.jpg
足踏み走航
 
 究極の相違点、何と脚踏み推進器「ミラージュドライブ」が付いています。ペンギンの脚の様な2枚のヒレが船底にあり、コクピットのペダルを踏んで進みます。
 これが結構速く、5~6ノット位出ているか・・

Adventure_6.jpg
ヤードでのタクシー 
 
 帆走初日はカヌー用のドーリー(台車)を使用してヤード上で移動しました。今一つ良くありません。ドーリーだけが走ったり止まったりで、艇体と一体化しません。

 船台(クレードル)を含めて今後の課題とします。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

Aクラスディンギー

  
 浜名湖キャンプから帰って、今日は艇の組立てを行いました。

 ハーバーでは珍しい艇種のレガッタが行われていました。
 「A級ディンギー」と言うクラスで、全長 3.6mの小型艇で昭和7年( 1937年 ) 日本に導入され、太平洋戦争を挟んで昭和47年 ( 1977年 ) 470級が登場するまでの40年間国体やインカレで採用されていた種目です。

A_class_2.jpg
 
 その後愛好者によって細々と続けられていると聞いていましたが、結構集まりました。北は宮城県、南は福岡県からの参加だそうです。
 私達のトーネードよりはよっぽど盛ん。

A_class_1.jpg
レース海面に出発
 
 今では殆ど見ない「ガフリグ」と呼ぶセールの張り方です。
 クルーは高齢者が多いのが特徴。


A_class_3.jpg  A_class_4.jpg
オリジナルのままの木造艇
 
 クリアラッカーでピカピカの木造艇。「クリンカー張り」と呼ぶ細い板を重ね合わせて張り合わせる工法で作られています。船齢何十年か?
 こうなると「手入れ」自体が趣味なんだろうね。

A_class_5.jpg
近代的なFRP艇
 
 素材がFRPで出来ている近代的な艇であっても、元設計は同じなので外殻はクリンカー張りっぽく成形されます。
 コクピットの中は現代のヨットですね。

 この日は余り吹かず、迫力のあるレース展開にはならなかったらしいです。






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


サマーキャンプin浜名湖 2018 後編

  
 DAY3 セーリング二日日 周囲はどんより曇り空ですが、浜名湖上空のみ晴れています。午前中南 8m/s 程度の強めの風で、波高0.5~1.0mの絶好の条件。いつ降られても良い装備で出艇しました。

18Camp_16.jpg
ベスウェイト14

18Camp_17.jpg
ベスウェイト14
 
 オーストラリアで設計・製造された14フィート軽量快速艇です。普段から浜名湖に保管されています。
 3月前修理の為ウイングを一旦引き上げて稲毛で修理しました。今回ルーフキャリアを二段に改造して搬入しました。
 修理のかいがあって、快調に走っています。
   

18Camp_29.jpg
再びつぶて島回航
 
 安定した風に気を良くしてこの日もつぶて島を回航しました。
 ただ昨日よりは強めの風でタック ( 方向転換 ) が楽なことから昨日と違って左回り ( 反時計回り ) で回航です。目に入る景色が若干違うかな?

18Camp_28.jpg
コーチボートからハイタッチ
 
 午後になると風も波も少し落ちて南 6m/s 程度、波高 0.5m 。それでも息もつかずガストも無い快適な海面です。
 西の雨雲だけが心配で、あまり南北に振れずアビーム往復のコースだけでセーリング。
 天気予報が悪いため地元艇の出艇もなく、我チーム艇の独占状態。浜名湖を十二分に満喫した二日間でした。



18Camp_12.jpg
プールとレストラン棟

18Camp_13.jpg
メイン宿泊棟と駐車場
 
 定宿としている猪鼻湖畔の会員制リゾートホテルです。雰囲気・サービス共に良く、行き届いたホテルですがチームメンバーの一人が会員権を持っており、比較的安価で利用できます。


18Camp_18.jpg
後片付け

18Camp_19.jpg
トーネード解体・積み込み
 
 DAY4 小雨やにわか雨程度でもっていた天気も最終日は大雨です。各自セーリングする時よりもハードなレインウェアで解体作業に臨みます。

 稲毛までの道中もずっと大雨の東名高速でした。

 出発前の天気予報では4日間全て雨の悲惨な予報でしたが、いざ幕が明けてみると中二日のセーリング日は風も強く絶好のコンディションで最高のキャンプになりました。


動画ご覧ください






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

サマーキャンプin浜名湖 2018 前編

 
 毎日のように台風が生まれては来襲し、直前には大型で強力な台風21号が近畿圏に上陸して強風と高潮で甚大な被害が出ました。更に畳み掛けるかのように北海道では震度7の地震で、山崩れが起こり多数の尊い人命が失われました。
 
 そんな中、直前の天気予報では4日間全行程が雨のところ、私達のサマーキャンプは始まりました。

18Camp_7.jpg

 参加艇は例年通り、トレーラー運搬のトーネード24号艇、インフレータブル"Tiwal"各1杯、浜名湖陸置きのベスウェイト14、レンタルの和船9.9馬力のコーチングボート合計4杯。
 乗組員は私達稲毛のメンバー8名に加えて今年は浜名湖ローカルセーラー2名もフル参加、合計10名です。


18Camp_4.jpg  18Camp_9.jpg
東名高速で4時間半の行程          由比パーキング
 
 海の状態を見るために「由比パーキング」で必ず休憩を入れます。
 牽引車、トレーラー双方とも雨の中でも好調です。ただトレーラーの泥除けから後ろに水の跳ね上げが目立つので、ゴム板でもぶら下げた方がいいかなぁ。

 18Camp_10.jpg  18Camp_11.jpg
艇の組立て

 雨の合間をみて艇を組立て。


 セーリング初日は雨の降る気配は無いものの朝から 13m/s を超す強風で、しばし落ち着くのを待つ。
 午後になり風が安定してきた中を出艇。南西 6~8m/s 程度、波高 0.5~1.0m 。息もつかずガストも無く、振れることも無い安定した風。

18Camp_20.jpg


18Camp_21.jpg
ローカルセーラーの二人
 
 若い地元セーラー。毎年乗艇してくれるので、今年は前もって連絡を取り合い二日間フル参加となった。女性の方は何故かフルフェイスヘルメット・・
 来年は合宿も共にするか?

18Camp_23.jpg
後方コーチボート ( 舵取りが筆者 )

 例年昼食は対岸にあるビーチスマリーナへ船で行き、湖岸の前浜に乗り上げて取っていましたが、今回は風向と波高条件が悪く接岸を断念しました。残念


18Camp_2.jpg
つぶて島回航
 
 南西の風のため「つぶて島」回航コースは往復ともアビームの楽な線引き。

18Camp_24.jpg
つぶて島回航

18Camp_25.jpg




18Camp_26.jpg
Tiwal 3.2

18Camp_27.jpg
Tiwal 3.2 とトーネード
 
 フランス製のインフレータブルボート Tiwal 3.2 。チームの女性オーナーです。
 毎回参加、毎回浜名湖複数回横断。


 DAY2 セーリング1日目は天気の崩れも無く、強めの適風に恵まれてナイスセーリングを楽しみました。明日はどうなるやら・・





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい



プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR