FC2ブログ

木箱作製 前編

  

 今回は自分では珍しい木工です。
 簡単な木の入れ物を作ります。


TurtleBox_1.jpg
材料
 
 板材の 1✕6、1✕8 及び垂木のみです。厚さ 19mm。
 強度的には板厚が厚過ぎでもっと薄物でも良いのですが、値段の安さで採用しました。


TurtleBox_2.jpg
寸法にカット


TurtleBox_4.jpg
完成
 
 ビスで止めて完成。外側のハチマキ枠の隅角部は相いじゃくっています。
 

TurtleBox_3.jpg
 
 
 最初から板の幅に合わせて設計しているので無駄がありません。
 私としては結構雑な作りです。



 「何を入れるかって?」
 次回で報告します。






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

スポンサーサイト

デスマスト

  
 勤労感謝の日。今季初めての本格的西高東低気圧配置に覆われて、朝の気温は6℃、北西の風7~8m/s 雲一つない快晴です。
 転覆やデスマスト (マスト転倒) の事故は、いつもこの時期に起きています。
 まして西の中風です。充分に気を付けてセーリングしましょう。

18MSailing_5.jpg  18MSailing_4.jpg
富士山がクッキリ          房州の山並みもクッキリ
 
 悪いことに遠方の山々が実にクッキリ見えます。吹き出してくる前兆です。


18MSailing_1.jpg
2杯出艇
 
 フルメンバーが揃うのは久し振りです。

18MSailing_2.jpg
遼艇から撮影
 
 案の定、昼過ぎると風は少し上がり8~10m/s、白波も目立ってきました。ただ風向が岸に平行しているため、悪い波は立たずそんなに困難なセーリングではありません。
 2杯でつるんでカッ飛ばします。


18MSailing_7.jpg
ゲストクルー
 
 だだっ広いハーバーのヤードでは、夫々のチームが普段から好き勝手な場所に陣取って艤装をしたり昼食を取ったりしています。私達のチームの隣には某大学のチームが集っています。
 今日はそのうちの一人の学生をゲストクルーに迎えました。いつもはスナイプ級に乗っている為、トラピーズでぶら下がるのは慣れていませんがそこは若い者。学習が早く5分も出ていれば慣れてしまいました。
 この若者なんと身長が190cm近くあり、脚の長さがこの通り。私の倍位ある。
 
---------------◇---------------
 
 いい調子で高速セーリングを楽しんでいましたが、ふと目の前を見るとワイヤー( 白矢印が本来の位置 )が1本ぶら下がっています。マストを支えている3本のワイヤーのうちの1本です。
 一瞬で自分達が今置かれている状況を理解し覚悟を決めました。ワイヤーが外れてもマストが倒れないのは、外にぶら下がっている二人の体重が風力より勝っているからです。
 ただ体力には限界があります。直ぐに風力に負けて艇の内側に引き寄せられ、マストも風下に倒れて行きます。
 ぶら下がったまま倒れながらゲストクルーのトラピフックを外し、次いで自分のフックを外します。これを忘れると沈んでいくマストに引き込まれて溺死する恐れがあります。この間1秒足らず。結構冷静に出来るもんでしょ?


18MSailing_6.jpg

 
 幸い乗組員に怪我は無く、艇体や装備品にも大きな損傷はありません。セールが少し切れただけです。暫くしてレスキュー艇がやってきて、曳航されて帰港しました。
 デスマスト( マスト転倒 )の原因は、ワイヤー根本を止めているピンが抜けたためでした。確実に整備・点検をしていれば防げた事故です。反省!




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


新型チェーンソー始動

  
 今朝は今季最低の気温 ( 6℃ ) を観測しましたが、日中はポカポカ陽気で20℃以上になりました。そんな中、郊外にある造園業者の置き場で薪狩りです。

 3日前の日曜日、実戦デビューするはずだった新規購入「STIHL-250」チェーンソー。
 初動操作を間違ってしまい、スパークプラグがどっぷり被ってしまいました。こうなるとどうにも動きません。

 今日はそのリベンジマッチです。

19Maki_E0.jpg
原木の引っ張り出し
 
 目ぼしい原木にワイヤーを掛けてハイラックスで引っ張り出します。
 ここの山はクヌギが沢山積まれています。


19Maki_E2.jpg
新規購入機で玉切り
 
 前の日に販売店に電話をして、たっぷりと講習してもらいました。
 
 前の晩からプラグを外して、更に自転車の空気入れを使ってシリンダー ( 燃焼室 ) に空気を送って内部を乾かし、一晩おきました。
 努力の甲斐があって、初爆後2,3発でエンジンが始動しました。

 一度始動してしまえば、後は力強いエンジン音でパワフルに回ります。リョービ君の1.5倍位の馬力ですが、能率は2.0倍位に感じます。
 直径25cm程度のクヌギの玉切りがものの15秒位です。


19Maki_E3.jpg
本日の獲物
 
 このところ少し疲労気味なので、今日はこんなところで終了。
 1.5タンク分使用、縦目も入れています。 





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


八千代で薪狩り

  
 前回柿の木を伐採した現場で、薪狩り玉切りです。
 

19Maki_D0.jpg
下草刈り完了
 
 白矢印は前回伐採した柿木の切り株。見違えるように綺麗な更地になっています。

 
19Maki_D1.jpg
玉切り
 
 今回は「ムクの木」です。柿木同様年輪が詰まっていて、ずっしりと重量があります。
 切っていてチェーンソーの刃に粘りつくような感じです。
 
 
19Maki_D3.jpg
 
  新規購入したSTIHL250 (45cm機) に期待をしていました。
 今日が現場初日で大活躍するはずでした。が、ピクリとも動きません。
 初爆の兆しもありません。プラグが被ったかと思い、外しては乾かしますがうんともすんともしません。何度やっても同じです。
 仕方なく使い慣れた「リョービ君 (35cm機)」に頑張ってもらいましょう。こちらはどんな安価なオイルを使っても、スターター一発で始動。チェーンも新品なので、よく切れます。
 
19Maki_D2.jpg
今日の獲物
 
 




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい



チェイスボート進水

  
 最高気温が22℃に上がったまさに小春日和の週末、J大学ヨット部でチェイスボートの進水がありました。
 ピカピカのRIB ( リジットボトムインフレータブルボート ) に船外機、船台も光っています。

RIB_1.jpg
VSR 5.8R
 
 全長5.8m、6人乗り、60馬力船外機。ステム(船首)が切り立った凌波性の良い船型で、悪い波が立ち易い稲毛海域にぴったりの艇。

RIB_2.jpg
トランサム

RIB_3.jpg
講習会
 
 古いチェイスボートを手入れする姿を良く見ていました。
 これからは本来の練習に専念できるかな?





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


サニートラック

 
 用足しの途中で見かけた「日産・サニートラック」です。
 ダットサン・サニートラックの名前で1971年から1994年まで23年間もモデルチェンジなしで販売されていた車種です。 

SunnyPickUp_4.jpg
第二世代
 
 白と黄色のツートーンカラーの綺麗な車で、細部までピカピカに磨き上げられています。
 おそらく白いオリジナル車に黄色をペイントしたんでしょうね。
 ルームミラーやアンテナの先端まで黄色です。

SunnyPickUp_3.jpg
フロントビュー
 
 丸目ヘッドランプですから第二世代初期型でしょうね。

SunnyPickUp_1.jpg
サイドビュー
 
 何と言っても最大の特徴は、キャビンと荷台の継ぎ目のないワンピースボディーです。
 三角窓もしっかり付いています。


SunnyPickUp_2.jpg
リアビュー
 
 写真では判りづらいですが後アオリのパネル全体にエンボス ( 浮出し ) 文字で「DATSUN」と書いてあります。


SunnyPickUp_5.jpg
荷台内張り
 
 荷台の内張りは一般的な樹脂製ではなく、何と木の板が敷き詰められています。
 鋼板の部分も凹みや擦り傷など一切無く、塗装面さえ綺麗です。間違っても「薪や原木」を無造作に放り込むなんてしないんでしょうね。


 オーナーの愛情が十二分に感じられるキュートな一台でした。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

2019シーズン ストーブ焚き始め & チェーンソー購入

 
 例年その日の最低気温が10℃を下回るとストーブを焚き始めます。
 昨年は10月中旬から寒くなりましたが、今年は11月に入り今朝丁度10℃です。
 煙突掃除も滞りなく済ませてありますし、薪のストックも殆ど満タンにあります。(1年乾燥の自転車操業ですが) 朝だけでも焚きましょう。

19Maki_C7.jpg

 
 耐熱塗料で全塗装をしたので、2~3時間は塗料が焼ける匂いがします。
 煙突の点検もしましたが、異常無く燃えています。最初のうちは白煙でしたが温度が上がると直ぐに紫煙になりました。
 今年も暖っためてねっ。
 
-------------◇-------------
 
 ここ数年で薪仲間に入り一緒に薪狩りをするようになると、対象とする原木が格段に増えました。それとともに太い原木を扱う機会が増え、手持ちの32cc 35cm チェーンソーでは持て余す事が多くなりました。
 一回り上のクラスで安価な機種を探していましたところ、全国的に「STIHL の日」と称するセールが11月10日に行われることを知りました。近くの代理店に電話してみると、11月1日から消費税分還元のセールをやるとのこと。   
 これを逃す手はありません。

19Maki_C2.jpg  19Maki_C3.jpg
チェーンソーがずらり              消耗品もずらり

19Maki_C6.jpg
MS 250
 
 今回購入したのがこれ。45cc でガイドバー 45cm の一般用では中級機。 
 それでいて値段はプロ級に比べて1/2~1/3 の低価格。
 その代り「プライマリーポンプ」や「デコンプ」などは付いていません。最初に燃料を吸い上げるのには、始動ロープを数回引く必要があります。デコンプが無いので始動ロープが重い・・ 
 
 購入機に燃料とチェーンオイルを入れて講習を受けました。
 なるほど、始動に慣れが要るのね。
 
19Maki_C5.jpg
純正消耗品
 
 最初なので消耗品も純正を購入しました。これも消費税分還元です。

 これでリョービの 32cc機と二本立てになって、中口径木の玉切りが幾らか楽で早くなるはずだよね。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR