FC2ブログ

二重煙突取替え大作戦 その2


 全体の製作に先んじて部品プロトタイプの試作を今回は行います。  

 ビルや倉庫の建築では電気配線の通路に「配線ラック」と呼ぶ梯子状の通路を配置し、これに電線を固定します。これと同じ構造の「梯子ラック」を建物に取付け、これに煙管を固定する方法を取ります。

 等辺山形鋼 ( アングル ) を胴木とし長ボルトを桟木として梯子状に組みます。
 梯子ラックを建物に取付ける部品が「ハンガー」です。屋根床版とベランダ床版のコンクリート版先端に引掛けます。
 一方煙管を梯子ラックに留める部品が「ブラケット」です。煙管を「バンド」で挟み込み、両端の穴でボルト止めします。

煙突CAD_1  煙突CAD_3


煙突CAD_2

 最初に建物の寸法を詳細に測定し、実際に見合った設計を起こします。
 部材の規格寸法等は、構造計算をせずに今までの経験から決定します。
 CAD 上でシュミレーションをしながら適時変更をして最良の形状と寸法を割り出していきます。ここいら辺の作業は現職の時のままですね。

 丁度設計部材と同じ断面の端材があったので、これを刻んでプロトタイプを作ります。

18Chimny_23.jpg 
バンドソー切断

 以前購入したバンドソーは角度のある切断が 60゜まで可能なので、中華製といえども結構重宝しています。今回も大活躍です。

18Chimny_30.jpg
スパッタ出過ぎでしょう!?
  
 t=4mmの突合せ溶接ですが、しっかり両側から開先を取っています。X形開先でしょうね。

 半自動溶接機には 0.8mm の溶接ワイヤーが装填されていました。時間があまり無いので太い物に交換することなく、このまま電流と送り速度を上げて作業します。ちょっとスパッタ ( 溶接火花 ) が飛び散り過ぎで、周囲に付着し過ぎだなぁ~


18Chimny_27.jpg  18Chimny_24.jpg
プロトタイプ完成          本日のビード
 
 X形で開先を取って裏表から溶接しているので、そんなに盛り上がることも無くしっかり付いていると思います。

18Chimny_25.jpg  18Chimny_26.jpg
ハンガー部 (内側から)            (外側から)
  
 殆ど余裕なくピッタリとはまっています。本工事ではアンカーボルトでコンクリート版に縫い付ける予定。

18Chimny_28.jpg  18Chimny_29.jpg
ブラケット部             最下端ブラケット

 ハンガーの形状が現況のコンクリート版に合致するように加工出来るか少し不安でしたが、結構上手く出来ました。小型構造物であることとに加えて、両側から溶接しているため溶接熱による歪みも無く殆ど設計図どおりに出来ています。
 
 今日試作したプロトタイプ部品類はいずれも本使用に耐える精度で仕上がったため、そのまま本製品として使用します。
 先週に建材店に発注した本部材も来週には入荷する予定なので、早めに本製作に入るとしましょう。





ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> FirstMESA さん

そうです、製図版とT定規、ケント紙に烏口(カラスグチって読みます)で墨入れしてました、って何を言わせる。
ドラフターは使っていました。それも土木設計ですからA0版の特大のやつで部屋を占領していました。

コピー(今では極く普通の)が出始めてきた最初のうちは「白焼き」と呼んでいたころがありました。カラーコピーなんて夢のまた夢の時代でしたね。

No title

> Cool Japan さん

楽しんでやっています。

おっしゃるように怪我をしないように十分に注意しましょうね。

こんにちは
クラフト親父さんだと、製図板とT定規のイメージですが、やっぱりCADですよね。
でも、複写は相変わらず青焼きだったりして。。。(^ ^)

No title

いよいよ始まりましたね!
怪我をなさらぬように注意してやってください。

出来栄えを期待しています。
プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR