FC2ブログ

2018年初春 歌舞伎鑑賞

  
 今回の歌舞伎鑑賞は新橋演舞場での「新春歌舞伎公演」です。
 晴海通りに面して賑やかな歌舞伎座とは異なり、裏が首都高の掘り込みがありやや静かな立地です。

Kabuki_6.jpg
奉納一斗樽の前で

Kabuki_4.jpg

 2階バルコニー最前列の座席 ( 黄〇印 ) での鑑賞。残念なことに花道は全く見えません。だからチケットは安いのですが・・ただし目の前に宙吊りワイヤーがあります。
 
 中村獅童は昨年大病を患い、主役を張る本格復帰第一弾となる演目「天竺徳兵衛韓噺」です。
 重い衣装を着て激しい動きの連続です。頑張れよっ・・


Kabuki_2_l.jpg  Kabuki_1_l.jpg
獅童「宙乗り」         海老蔵「にらみ」
  
 写真は松竹のカタログとネットから拝借。

 花道は見えませんが、その代りに最大の見せ場ワイヤーで吊られて10m 近く宙を舞いながら演技をする「宙乗り」はほぼ目の前で見られます。う~ん、特等席だなぁ~。
 おっと、獅童と目が合ってしまった・・

Kabuki_7.jpg
幕の内弁当

 歌舞伎の幕間に食べることから名前が付いた「幕の内弁当」新橋演舞場のもの (梅レベルです) はこんな感じです。外で食べたらずっと安価で味も普通ですが、歌舞伎の席で食べるととても美味しく心躍る物がありますね。


 二演目は市川海老蔵の主演で口上と「にらみ」です。
 この「にらみ」を見るとその一年は無病息災で過ごせるんだそうな。

 三演目はやはり海老蔵の七変化主役で「鎌倉八幡宮静の法楽舞」。
 九世市川團十郎以来180年振りの公演だそうです。
 長唄・常磐津・清元等の歌舞伎音楽のフル編成で踊りが主体の楽しい舞台でした。




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> ブライトリングシーさん

着物姿の女性が多いのでやはり"日本のお正月"を実感できますね。

海老蔵も獅童も昨年は色々あって大変でした。今年は夫々良い年になってもらいたいです。

No title

新春歌舞伎見物は”これぞ日本のお正月v-457”ですね。

海老蔵の”にらみ”は天下一品でしょう。

宙乗りが目の前で見られるお席はラッキーでしたね。中村獅童と目が合うほどの距離なんてドキドキv-238物ですね。 
プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR