FC2ブログ

第四弾 軽トラヒッチ製作

  
 今回は3基いっぺんに製作します。

 こんな簡単な製品でも全体の寸法や部材の規格・断面は、厳密な構造計算や数次に於ける試作と試用結果から決まったものですから、簡単には変更しません。

KTraHitch_78.jpg
ジグ
  
 ただし製作過程で用いるジグ ( 冶具 ) は毎回進歩しています。前回までは上下二枚のコンパネだけでしたが、今回はコンパネの間隔を決めるセパレーターを3枚追加しています。


KTraHitch_75.jpg  KTraHitch_77.jpg
本日のビード(溶接痕)
 
 溶接電流 110A 、この数年ビードは安定しています。
 自分の腕では半自動溶接の限界でしょうね。
 溶け込みや溶接強度には何の不安もありません。が、巷で見る均一でウロコの整ったビードを見ると気持ちが揺れます。そうです、TIG 溶接です。
 あと何年趣味としての「溶接」を続けられるか分かりませんが、TIG 溶接 やってみたいですね~ でも「アルゴンガス」って素人でも上手に扱えるかなぁ~?

 
KTraHitch_79.jpg
手前2基完成、奥1基仕上げ待ち






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> FirstMESA さん

趣味の域ですけど量産体制です (?)

軽トラの後あおりは結構酷使されていて、ユーザーは余り気にしない状態で使っていますね。

No title

こんばんは!
量産体制で、既に趣味の領域を超えて、市販されている工業製品の様に見えます。

実運用では、荷台のあおりに干渉して塗装を痛めない様な、緩衝材などを使用するのでしょうか。

No title

単相 200V 交直流両用で 200A 程度の TIG 溶接機が新品 6~7万円で流通しています。
ガスが幾らか調べてみようかね・・

その前にどこかで実作業の見学&体験したいものです。

No title

綺麗なビートですねー!!うらやましい^^;

つい最近、私もTIGが欲しくなる出来事があって^^

色々調べてしまいましたw

ガスがネックなんですよねー
プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR