FC2ブログ

ドライスーツとセミドライスーツ

  
 以前お書きしましたがセーリングギア ( ヨット用ウエァー ) には数種類あり、季節に合わせて着替えています。寒の戻りの今日、私とチームメイトの二人が新品のウエァーを下ろしました。

 チームメイトはドライスーツで私はセミドライです。どちらも年間を通じて一番寒い厳寒期に着用するウエァーです。



18CSailing_4.jpg  18CSailing_5.jpg
ドライスーツ
 
 ドライスーツは完璧な遮水性を持ちますが、それ自体に保温性はなく内側に着込む服で体温を保ちます。首、手首、足首は薄いラテックスゴムの弾力で遮水します。
 アンダーウェアーの重ね方で幅広い季節に対応できますから、結構長い期間着用するクルーもいます。
 余裕たっぷりに縫製されていて、宇宙服のような感じで外界とは完全に遮断された空間が生じ、中に「ホッカイロ」を張ることも出来ます。

18CSailing_10.jpg   18CSailing_8.jpg
セミドライスーツ
 
 ネオプレンゴム ( 発泡ゴム ) を素材とするためそれ自体に保温性があるため下着の必要はありません。ドライスーツと名前が付いてはいますがある程度の浸水はあり、その水が体温で温まり保温効果を高めます。素材自体の表面の強度が弱く引っ掻き穴が開きやすいため、上に一枚着込んだ方が良いでしょうね。
 今までは 5.0mm 厚手のウェットスーツを使用していましたが、今回購入したものは極厚で 7.0mm もあります。体にピッチリしているため動作が少しきつくなりますが、その分スマートに見えます。

 どちらのタイプも防水ジッパーの開口部から脱ぎ着します。
 使用後は「潮だし」と称して清水で十分に洗い塩気を抜くことが大事ですね。




18CSailing_9.jpg


 今日は北東風3~5m/s、波高 0~0.5m。陸からの風である為、花粉が含まれていて花粉症の私にはベストコンディションではありません。

 それでも時折入るガスト ( 突風 ) でダブルトラピーズに出て、船足がスッと速くなる時はもう身も心も春ですね・・




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> 黒ラブ君さん

ドライスーツもセミドライも定価で7万円位です。

ドライスーツは素人だと修理が難しく専門店に依頼するので国産品を購入せざるを得ないため、安価なものはありません。

セミドライは素人でも多少は修理が可能なため海外製の安価な物でもOKです。

No title

これらのウェアーの値段って幾らぐらいするのでしょうか?
ヨット専用の物ってさっぱりわかりませんが。
プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR