FC2ブログ

ヒッチレシーバー増設

  
 一般的な小型自家用車のヒッチと言ったら、後ろの中央部に1ヶ所でトレーラー牽引で公道走行用でしょうね。私の場合は伐採現場での薪割り機牽引移動が加わります。
 ランクルのようなパートタイム四駆車の場合、ごく稀にフロントヒッチを取り付けて前向きでボートトレーラーをスロープでの揚げ降ろしをすることもあります。やはり運転者が直接目で見て操作するのが一番です。 
 

Hitch_6.jpg
愛車のリアヒッチメンバー
 
 頑強なことで定評がある車枠に直接ボルトオンしてあります。
 中央のレシーバー( 黄色矢印 )はオリジナルのヒッチメンバー。主にトレーラー牽引用
 右側のレシーバー( 赤色矢印 )は自分で取り付けた増設レシーバー。  足掛け用。

Hitch_3.jpg
ボートトレーラー牽引
 
 当然ながら車検では 950条登録をしており、相手を問わず総重量 1,990kg までのトレーラーならばキャンピングトレーラーでもボートトレーラーでも何でも牽引可能です。
 私のボートトレーラーは普通車登録なので結構全長が大きく、牽引走行時は法令制限長 12m近くなります。

Hitch_4.jpg  Hitch_5.jpg
薪割り機牽引           足掛け
 
 ハイラックスは荒地走行性が高いので、不整地での薪割り機移動はお手の物ですね。

 自宅のガレーヂの寸法が狭いので、オリジナルのリアステップバンパーを取り外してしまいました。その為荷台への乗り込みが出来なくなったので、新規に足掛けを設置しました。アドオンメンバーとしては一番出番が多い部品です。

Hitch_0.jpg
フロントヒッチメンバー
 
 自作ですがこれも車枠に直接ボルト止めしています。
 左右ふた口とも応力はストレートに車枠に伝達します。


Hitch_2.jpg  Hitch_1.jpg
長物積載用の鳥居          自作除雪機
 
 除雪機は私の住む南関東では活躍する場面が滅多にありません。今年の冬は3年ぶりに出動しました。

 アメリカ北東部ではピックアップトラックで除雪することは一般的です。
 フロントヒッチメンバーが普通に市販されていて、ワンタッチで除雪機と連結できます。


Hitch_7.jpg
今回増設したヒッチレシーバー

 今までリアメンバーには中央と右側にしかレシーバーがありませんでした。
 それでも車1台に4口も付いていれば十分過ぎる数ですが、今回は空いている左側にもレシーバーを増設しました。

 それで左右対称となったヒッチレシーバーを利用して、揚重装置を作製しようと計画しています。現在クレーン型かゲートリフト型か、どちらにするか思案中です。



ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>  FirstMESA さん

そのうちにミサイルロンチャーを装備するかも知れません。
そうしたらハンビーと呼んでください。

No title

こんにちは
いやはや凄い!
ヒッチを介して、いろいろな機能を持つ機材が自在に取り付けられて、完全にマルチ・パーパス・ビークル化していますね。

車体色もそうですが、ハイラックスがだんだんとサンダーバード2号に見えて来ました。 (^^)v
プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR