FC2ブログ

Aクラスディンギー

  
 浜名湖キャンプから帰って、今日は艇の組立てを行いました。

 ハーバーでは珍しい艇種のレガッタが行われていました。
 「A級ディンギー」と言うクラスで、全長 3.6mの小型艇で昭和7年( 1937年 ) 日本に導入され、太平洋戦争を挟んで昭和47年 ( 1977年 ) 470級が登場するまでの40年間国体やインカレで採用されていた種目です。

A_class_2.jpg
 
 その後愛好者によって細々と続けられていると聞いていましたが、結構集まりました。北は宮城県、南は福岡県からの参加だそうです。
 私達のトーネードよりはよっぽど盛ん。

A_class_1.jpg
レース海面に出発
 
 今では殆ど見ない「ガフリグ」と呼ぶセールの張り方です。
 クルーは高齢者が多いのが特徴。


A_class_3.jpg  A_class_4.jpg
オリジナルのままの木造艇
 
 クリアラッカーでピカピカの木造艇。「クリンカー張り」と呼ぶ細い板を重ね合わせて張り合わせる工法で作られています。船齢何十年か?
 こうなると「手入れ」自体が趣味なんだろうね。

A_class_5.jpg
近代的なFRP艇
 
 素材がFRPで出来ている近代的な艇であっても、元設計は同じなので外殻はクリンカー張りっぽく成形されます。
 コクピットの中は現代のヨットですね。

 この日は余り吹かず、迫力のあるレース展開にはならなかったらしいです。






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> FirstMESA さん

OPヨットは子供用で、浮力が少ないため大人では乗れません。ただ超軽量な船体を生かして、近頃では水中翼を取付けてカッ飛ぶ艇もあるので、侮れません。
Aクラスディンギーは大人二人用です。設計思想も古く以前は国体制式艇だったため、その当時から(或いはその当時を偲んで)乗艇している人が大部分です。
古い艇を手入れをしてピカピカにしているオーナーが多く芸術品のようなものもあります。

クラフト親父さん、こんにちは
可愛らしいクラスのヨットですね。
ヨットのクラスについては、あまり良く知らないのですが、このAクラスディンギーは同じく可愛らしいOPヨットとはまた別のものなんでしょうね。
プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR