FC2ブログ

2019年 初薪狩り

  
 松の内の明けた今日、新年の初薪狩りです。
 普段からお世話になっている造園業者の仮置き場で、単独採取「独りモクモク」です。

 造園業者のパッカートラックもやってきて、切り落とした枝をダンプして行きました。
 いつもの職員なので丁重に新年の挨拶をして玉切り作業を開始。

19Maki_F3.jpg
玉切り
 
 実働2回目のスチール君(45cc)も今回は一発で始動。パワフルに切ってくれます。
 が、排気量が多い分燃費が悪い。ガソリンが一回に入る容量がリョービ君(30cc)の2倍程度ありますが、稼働時間は同程度です。
 

19Maki_F2.jpg
本日の獲物
 
 半分はクヌギ、他にケヤキ、サクラを選んでゲットしました。

 今年も頑張って薪集めしよう。







ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい



2019年 初セーリング

  
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 年末年始寒波も収まった新年最初の週末、最高気温が10℃を上回り暖かい一日になりました。
 空に雲一つない快晴ですが、風は弱く西寄りの風 2~3m/s で波は殆どありません。 

19SailingA_1.jpg
24号艇お神酒
 
 今年はなんと Moët のシャンパンがお神酒です。
 参加メンバーの都合で24号艇一杯での出艇。社会人チームは他にレーザー5~6杯、大学・高校・中学の数校のみ出艇の寂しい海域でした。
 

19SailingA_3.jpg
中央が筆者

 二人のチームメイトはドライスーツを着用して防寒していますが、私は 7mm 極厚のウェットスーツ( フルスーツ ) です。
 
 午後になっても風は上がらず、迫力のあるセーリングは出来ませんでした。そうなると唯単に寒いだけなので早々に引き上げて帰港。

 今年も無事故でセーリングしましょう。そして良い風に恵まれますように・・






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


2018 年末寒波

  
 日本列島北から南まで年末寒波が襲ってきて、雪国では災害が起きています。
 普段は温暖な南関東でも、今朝は今シーズン最低の2℃です。

 いつもの朝の散歩途中の公園で見つけました。

18Kanpa_1.jpg
「シモバシラ」

18Kanpa_2.jpg
 
 「シモバシラ」という学名の多年生のシソ科植物です。地上部は枯れていますが地下の根は生きていて、地下水を吸い上げて霜柱を吹き出します。不思議な植物でしょう?



18Kanpa_3.jpg
本物の霜柱
 
 こちらは本物の霜柱です。私的にはこちらも今シーズン初見参です。


 
 本年も拙ブログにお付き合いいただき有難う御座いました。
 来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


第5弾 軽トラヒッチ製作

  
 年末ですが、恒例の軽トラヒッチの作製です。
 製作販売実績も二桁台に乗り、製作の度に記録している「加工手順書」も充実してきて無駄のない工程で作れるようになってきました。
 本格的な薪狩りシーズンを迎えますから、早めに作りましょう。

KTraHitch18_01.jpg
複式曲げ加工機
 
 アメリカ直輸入、人力のみで 3.0 t 位の力を発生。3D 曲げも簡単です。
 
 
KTraHitch18_02.jpg
ヒッチボール取付け部溶接
 
 溶接ワイヤーφ0.9mm、溶接電流 105A で溶接。

KTraHitch18_03.jpg  KTraHitch18_05.jpg
本日のビード

KTraHitch18_07.jpg  KTraHitch18_08.jpg
アオリ引掛け部溶接            防錆塗装
 
 アオリ引掛け部の溶接は、位置決め用のコンパネ製ジグを使用するため正確な位置出しが簡単に出来ます。

  KTraHitch18_09.jpg
完成
 
 黒色の上塗りを2層塗って、丸と角パイプにそれぞれエンドキャップを嵌め込みます。

 更にアジャスターボルトとヒッチボールを取り付けて完成です。






ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい




2018 クリスマス・クルージング

  
 午前中から雨天の天気予報の中、いつもの友人とクリスマス・クルージングです。
 
 北の風、S=3~4m/s の安定した弱風ですが、例によって 3~4m のウネリがあります。
 半島も島もなく、泊地を出航したらすぐ目の前は太平洋と言った海域ですから、よほどの凪でない限り常時ウネリがあります。

18NSailing_1.jpg


18NSailing_2.jpg  18NSailing_3.jpg
なんと国産牛ステーキ 1枚 300gr


18NSailing_8.jpg

18NSailing_4.jpg
 
 ウネリに翻弄されブラブラ揺れるジンバルに、鋳鉄皿で焼きます。
 ごく普通のカセットコンロですから温度が急には上がりません。ブルーレアは無理ですが、レアからミディアムレア程度の焼きには最適です。2枚を交互に均等に温めながら焼きます。

18NSailing_5.jpg
テーブルセッティング
 
 ハム・チーズにサラダとアボカドと蟹の前菜、クリームシチューと主菜のステーキ、どうだっ!
 シャンパンはチリ産の辛口タイプです。

 赤身熟成肉も好きだけど、国産牛の霜降りも旨いね~。舌にとろける。
 凄く柔らかい。少しさめても柔らかい・・ 

18NSailing_6.jpg
 
 キャビンテーブルに綺麗にセッティングしたものの、交代してカジを取る必要がありコクピットデッキに並べ替えて乾杯です。
 量が多いので食べ続け、帰港して桟橋に舫ってもまだ食べています。

 これはこれでクルージングって呼べるんだろうか?
 でもこんな船上ライフがあってもいいでしょう~

 丁度食べ終わった頃、ポツポツと雨が降り出しました。


18NSailing_7.jpg
新艇進水
 
 新艇の進水がありました。300馬力船外機2基掛けのパワーボート。
 埼玉県在住の方がオーナーです。千葉の海へようこそ!
 一緒に楽しくやろうぜっ!




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

ベンチ製作

  
 ヨットハーバーのヤードで使用するベンチを作ります。低予算&手抜き仕事で行います。

YardBench_1.jpg
寸法に刻んだ材料
 
 新規に購入した座板以外は在庫品か再利用品です。
  座板:2✕8 材 L=6 feet ( 1.8m )
  脚柱:鋼管φ48.6 ( 所謂足場パイプ )、補強材:鋼管φ22.2、t=1.2mm
  平鋼:t=3.0mm、t=4.5mm
  
YardBench_3.jpg
脚部作製溶接
 
 平鋼同士の溶接は溶接電流 135A 。
 半自動溶接機はスイッチとダイヤルの操作で最適電流を簡単に設定できるので、複数断面が混在する溶接には大変便利です。


YardBench_2.jpg YardBench_5.jpg 
万力による端部つぶし             t=1.2mm同士のビード
 
 普段私の設計では、鋼管同士の直交接合の場合は細い方にノッチを切るか、太い方に逆ノッチ穴を開けて丁寧に溶接します。
 今回はやっつけ仕事なので手抜きの「端部つぶし」で溶接します。溶接の限界 t=1.2mm で溶接電流 70A 。母材に穴が開かないように十分に注意深く作業。その分ビードはヨレヨレ・・
 
 
YardBench_4.jpg  YardBench_6.jpg
溶接終了 ( 逆さに置いてます )                 錆止め塗装
 
 メッキ材が生きているヶ所はそのまま、生材と錆が出ているヶ所にのみ錆止め塗装をします。なんとセコイ・・

YardBench_7.jpg
完成
 
 シルバーの上塗りをした脚部に座板をボルト止めします。
 座板は購入したままの寸法で使用。ていうか、2×8 の板材に合わせてベンチの寸法を作っています。

YardBench_9.jpg  YardBench_8.jpg
脚取付けとブレ止め             座板取付け
 
 経験上座板が古くなるとボルトの利きが悪くなって、脚部がブレ出すのであらかじめブレ止め斜材を取っておきます。
 座板取付け用のボルト (M6) を誤って短いのを買ってしまったため、板に座彫りをしてボルト頭を 10mm 沈めました。
 結果的に「丁寧な仕上げ」に見えますかな?

YardBench_10.jpg
ボートヤードに設置




ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい


サニートラック その2

  
 このところサニービックアップトラックを良く見かけます。( と言っても2例ですが )
 

SunnyPickUp_11.jpg
サイドビュー
 
 なんと車高を極端に低くした「シャコタン」です。シャコタンと言う単語自体近頃耳にしない死語ですね。
 ちょっとした段差でも底をつきそうですが・・ 
 タイヤハウスの上部にオーバーフェンダーが付き、幅広タイヤを履いています。
 

SunnyPickUp_12.jpg
フロントビュー
 
 前回取り上げたサニーと同様に丸目ヘッドランプですから第二世代初期型でしょう。
 フロントスポイラー、砲弾型サイドミラー、牽引フックにゴム製のボンネット止め具を装備したレース仕様です。
 ワイパーも運転席側の1本しかありません。


SunnyPickUp_13.jpg
リアビュー
 
 ガードバーが設置されています。
 ガードバーの下には20ℓ位の燃料の増補タンク(?)があります。
 んっ、何なんだろう?どんな使い方してるんだろう?
 

SunnyPickUp_14.jpg
運転席

 なんと座席は運転席側の1座のみです。しかもホールド性の良いレース用4点ベルトです。
 当然のマニュアルミッション。内貼りは全部剥がしてあります。
 こうなるとボンネットを開けてエンジンルームを見てみたいものですね。凄いエンジンに載せ替えてあったりして・・


 急カーブが連続する峠道を、猛スピードのドリフト走行で突っ走っているんだろうか?
 それはそれで、この車なら絵になりそうだ!







ブログランキング参加中  
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ 
にほんブログ村 
↑ポチっとクリックして下さい

 




プロフィール

クラフト親父

Author:クラフト親父
土木一筋45年後現在リタイア
B型
文章・写真・図形・映像の無断転載はお断りします

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR